teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ハンセン病に関する「親と子のシンポジウム」那覇会場

 投稿者:公益財団法人人権教育啓発推進センター  投稿日:2017年 7月31日(月)13時19分36秒
  【内容】

○ 基調講演
  金城雅春さん(国立療養所沖縄愛楽園自治会会長)

○ パネルディスカッション
 ・パネリスト/地元中学生・高校生(3名):
  中城村立中城中学校 名護市立久辺中学校 沖縄カトリック中学高等学校
 ・コメンテーター:
  金城雅春さん(国立療養所沖縄愛楽園自治会会長)
  野村謙さん(国立療養所沖縄愛楽園園長)
 ・コーディネーター:
  横田洋三さん(公益財団法人人権教育啓発推進センター理事長)

○ 映画 「あん」 上映

○ 対談/トークショー
  ドリアン助川さん(作家、詩の道化師)、浅田美代子さん(女優)

 ※ 諸事情により、内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

【参加資格】
 どなたでもご参加いただけます

【参加費】
 無料

【募集定員】
 450人(事前申込制/先着順)
 ※ 募集定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

【その他】
 手話通訳、パソコン要約筆記あり

【申込方法】
①団体(法人名等)・部署名(部・課等)、②お申込者氏名、③電話番号、④FAX番号、⑤Eメールアドレス、⑥住所(所在地)、⑦人権センターからの情報提供の可否 を明記の上、『ファックス』『Eメール』『郵便』のいずれかの方法で「ハンセン病に関する親と子のシンポジウム」事務局にお申し込みください。
※ 参加申込締切日時: 2017(平成29)年8月25日(金)16:00まで
※ 募集定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

【お問い合わせ・お申し込み先】
公益財団法人人権教育啓発推進センター
「ハンセン病に関する親と子のシンポジウム」事務局
〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
TEL 03-5777-1802(代表) / FAX 03-5777-1803
Eメール event2017@jinken.or.jp

【主催】
法務省/厚生労働省/全国人権擁護委員連合会/那覇地方法務局/沖縄県人権擁護委員連合会/公益財団法人人権教育啓発推進センター

【後援】
文部科学省/沖縄県/沖縄県教育委員会/那覇市/那覇市教育委員会/名護市/名護市教育委員会/中城村/中城村教育委員会/沖縄県市長会/沖縄県町村会/沖縄タイムス社/琉球新報社/朝日新聞那覇総局/読売新聞那覇支局/毎日新聞社那覇支局/産経新聞社那覇支局/日本経済新聞社那覇支局/共同通信社那覇支局/時事通信社那覇支局/NHK沖縄放送局/RBC琉球放送/OTV沖縄テレビ放送/QAB琉球朝日放送/OCN沖縄ケーブルネットワーク/エフエム沖縄/ラジオ沖縄/fm那覇/FMレキオ/FMやんばる/おきなわ倶楽部/ (順不同) ※予定

http://www.jinken.or.jp/archives/11895

 
 

芝大門人権講座「旅行介助ボランティアをやってみませんか」開催!

 投稿者:公益財団法人人権教育啓発推進センター  投稿日:2015年 6月 3日(水)11時55分35秒
   平成27(2015)年1月に総務省が公表した「人口統計」によると、65歳以上の高齢者は約3,281万人で日本の総人口の25%を超えています。また、平成26(2014)年12月に内閣府が公表した「平成26年度障害者施策に関する基礎データ集」によると、身体、精神そして知的障がいのある人は約787万人で、国民の約6%の人が何らかの障がいを持っていることになります。
 高齢者や障がいのある人のことを考慮しないサービスの提供や商品開発は、彼らの社会進出を阻む要因となります。今回の講座では、本業を生かし、誰もが参加できるユニバーサルデザイン・ツアーを提供する旅のよろこび株式会社の取組を紹介するとともに、同ツアーを支える旅行ボランティアの心得など、CSR活動のヒントとなるお話しを予定しています。

-----------------

芝大門人権講座 「旅行介助ボランティアをやってみませんか」

■講師: 宮川和夫さん(旅のよろこび株式会社代表取締役)
■開催日時: 2015(平成27)年 6月24日(水) 18:30~20:00 (受付開始 18:00)
■会場: 人権ライブラリー「多目的スペース」 ※人権教育啓発推進センター併設
     東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F (→ 案内図)
■主な内容 ※予定
 ・本業を生かしたユニバーサルデザイン・ツアー
 ・ツアーの様子(ビデオ上映)
 ・CSRと旅行ボランティア
 ・旅行ボランティアの心得
 ・高齢者、障がいのある人にも旅のよろこびを! など
■参加資格: どなたでもご参加いただけます
■参加費: 無料(要事前申込/先着順)
■募集人数: 40人
■主催: 公益財団法人人権教育啓発推進センター

【申込方法】
 ①団体(法人名等)・部署名(部・課等)、②お申込者氏名、③電話番号、④FAX番号、⑤Eメールアドレス、⑥住所(所在地)、⑦人権センターからの情報提供の可否 を明記の上、『ファックス』『Eメール』『郵便』のいずれかの方法で「芝大門人権講座:6月24日」事務局にお申し込みください。
※参加申込締切日時: 2015年6月23日(火)16:00まで

-----------------

*詳細はこちら http://www.jinken.or.jp/archives/9146

-----------------

お問い合わせ・お申し込み先
公益財団法人人権教育啓発推進センター「芝大門人権講座」事務局
〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
TEL 03-5777-1802 / FAX 03-5777-1803
メール shibajin@jinken.or.jp

-----------------

http://www.jinken.or.jp/archives/9146

 

人権シンポジウム in 福岡「震災と人権~私たちにできること~」

 投稿者:公益財団法人人権教育啓発推進センター  投稿日:2012年 9月25日(火)18時28分17秒
   震災復興支援で活躍するさまざまな分野の方々による基調報告及びパネルディスカッションを通して、被災地から遠く離れた私たち一人ひとりに何ができるのかを改めて考え、継続的な支援へつなげることを目的としています。皆様のご来場をお待ちしております。
 入場は無料です。先着順となっておりますので、お申込はお早めに!

◎ 人権シンポジウム in 福岡 「震災と人権~私たちにできること~」

●日時:2012(平成24)年11月3日(土・祝) 13:20~17:20(開場12:30)

●会場:都久志会館・BF・ホール(福岡県福岡市中央区天神4-8-10)

●申込方法:申込用紙をご参照下さい。
 http://www.jinken-library.jp/wp-content/uploads/2012/09/jinken_sympo_fukuoka_chirashi.pdf

●内容:

 1.映画上映+監督トークショー
 『槌音』  監督:大久保愉伊
 故郷の岩手県大槌町が被災、家族も被害に見舞われた監督が、津波に流されることを免れた震災前の貴重な映像を編み込んで綴った詩
 *参考 http://www.youtube.com/watch?v=YtqTtLoZo70

 2.シンポジウム
 【パネリスト】
  浅見 健一(震災復興支援グループ「きぼう」代表、仙台市高砂市民センター前館長)
  北原 啓司(弘前大学教育学部教授・副学部長、教員養成学研究開発センター長)
  砂子 啓子(i-くさのねプロジェクト代表)
  森松 長生(NPO法人北九州ホームレス支援機構常務理事、共生地域創造財団理事、絆プロジェクト北九州事務局長)
 【コーディネーター】
  横田 洋三(公益財団法人人権教育啓発推進センター理事長)  ※敬称略

 3.資料展示
  ・全国の地方公共団体等が作成した人権啓発資料
  ・人権啓発パネル(平成23年度制作)
  ・被災地の子どもたちが作った紙芝居&メッセージ
  ・世界からのメッセージポスター「大震災から未来へ」 ※予定

●主催:法務省、全国人権擁護委員連合会、福岡法務局、福岡県人権擁護委員連合会、公益財団法人人権教育啓発推進センター

■後援:福岡県、福岡市、北九州市、福岡県市長会、福岡県町村会、AIR STATION HIBIKI株式会社、株式会社北九州シティFM、ドリームスエフエム放送株式会社、株式会社エフエム福岡、株式会社CROSS FM、ラブエフエム国際放送株式会社、東九州コミュニティー放送株式会社、NHK福岡放送局、RKB毎日放送株式会社、九州朝日放送株式会社、株式会社福岡放送、株式会社TVQ九州放送、株式会社テレビ西日本、株式会社読売新聞西部本社、株式会社朝日新聞社西部本社、株式会社毎日新聞社西部本社、株式会社日本経済新聞社西部支社、株式会社産業経済新聞社九州・山口本部、株式会社西日本新聞社、株式会社有明新報社、時事通信社福岡支社、一般社団法人共同通信社福岡支社 ※予定

------------------------------------------------------------------

<その他の会場の予定>

●人権シンポジウム in 東京「性の多様性を考える~性的指向と性同一性障害~」
 ◯日時:2012(平成24)年10月28日(日)
 ◯会場:ニッショーホール (東京都港区虎ノ門2-9-16 財団法人日本消防会館)
 *詳細: http://www.jinken-library.jp/library_event/106642.html
      http://www.jinken.or.jp/archives/6959

●人権シンポジウム in 福島 「震災と人権~一人一人の心の復興を目指して~」
 ◯日時:2013(平成25)年1月19日(土) 13:30~17:00 ※予定
 ◯会場:福島テルサ・FTホール (福島県福島市上町4-25 財団法人福島市振興公社)
 *詳細は、決定次第、ホームページに掲載予定。
     http://www.jinken-library.jp  http://www.jinken.or.jp

------------------------------------------------------------------

*これまでの人権シンポジウムの模様をご覧いただけます。
 YouTube 人権チャンネル http://www.youtube.com/user/jinkenchannel

------------------------------------------------------------------

公益財団法人人権教育啓発推進センター「人権シンポジウム」事務局
〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
TEL 03-5777-1802(代表) / FAX 03-5777-1803
Eメール event2012@jinken.or.jp *半角にしてください
ホームページ http://www.jinken.or.jp
       http://www.jinken-library.jp

------------------------------------------------------------------

http://www.jinken.or.jp/archives/6925

 

人権シンポジウム in 東京 「性の多様性を考える ~性的指向と性同一性障害~」開催のご案内【入場無料】

 投稿者:公益財団法人人権教育啓発推進センター  投稿日:2012年 9月24日(月)17時28分33秒
   性的指向や性同一性障害に対する人々の理解は十分とは言い難く、偏見と差別にさらされている現状があります。
 本シンポジウムでは、当事者や研究者、医師の意見を通じて、実情を伝え、人権的観点からこの問題の課題と解決のためのヒントについて、皆様と一緒に考えていきます。
 また、トークショーでは、モデル・タレントとして活躍されている、佐藤かよさんをお招きし、ご自身の体験などをお話いただきます。
 入場は無料です。先着順となっておりますので、お申込はお早めに!

●日時・場所・交通機関
◯日時:2012(平成24)年10月28日(日) 13:30~17:40(開場12:30)
◯場所:ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2ー9ー16)
◯交通機関:東京メトロ・銀座線「虎ノ門」駅 2・3番出口 徒歩約5分 / 東京メトロ・日比谷線「神谷町」駅 4番出口 徒歩約10分

●内容
◯1.シンポジウム
 「性の多様性を考える~性的指向と性同一性障害~」
【パネリスト】
  荘島幸子((独)国立精神・神経医療研究センター 外来研究員、日本学術振興会 特別研究員,臨床心理士、ESTO東京親子交流会スタッフ、教育学博士)
  虎井まさ衛(FTM日本 ASIAN TS CLUB主宰、「オフィス然nature」代表,立教大学非常勤講師)
  柳橋晃俊(特定非営利活動法人動くゲイとレズビアンの会副理事 アドボカシ部門、法律サービスディレクター)
  山口悟(ナグモクリニック名古屋院長、GIDセンター長)
【コーディネーター】
  横田洋三(公益財団法人人権教育啓発推進センター理事長)
◯2.トークショー
 「Re-born~生まれ変わる」 体験談や将来について語っていただきます。
  佐藤かよ(モデル/タレント)
◯3.資料展示
  全国の地方公共団体等が作成した人権啓発資料 ・関連するパネル等の展示

●参加費
 無料

●申し込み方法、条件
 申込用紙をご利用ください。 → http://www.jinken-library.jp/wp-content/uploads/2012/09/jinken_sympo_tokyo_chirashi2.pdf
 どなたでもご参加いただけます。
 http://www.jinken-library.jp/library_event/106642.html
 http://www.jinken.or.jp/archives/6959

●申し込み締め切り
 2012(平成24)年10月26日(金)午前中まで

◯主催:法務省、全国人権擁護委員連合会、東京法務局、東京都人権擁護委員連合会、公益財団法人人権教育啓発推進センター

◯後援:東京都、東京都特別区長会、東京都市長会、東京都町村会、朝日新聞社、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、東京新聞、共同通信社、時事通信社、NHK、TBSテレビ、フジテレビジョン、テレビ東京、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、TOKYO FM、J-WAVE(順不同)※予定

◯問い合わせ先:公益財団法人人権教育啓発推進センター「人権シンポジウム in 東京」事務局
 〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
 TEL 03-5777-1802(代表)/ FAX 03-5777-1803
 Eメール event2012@jinken.or.jp ※半角に直してください

http://www.jinken.or.jp/archives/6959

 

人権シンポジウム2011 in 東京 震災と人権~私たちに出来ること~ を開催します!

 投稿者:財団法人人権教育啓発推進センターメール  投稿日:2011年10月 1日(土)01時07分48秒
  ■日時
2011(平成23)年10月23日(日) 13:30~16:30(開場12:40)
■会場
ヤクルトホール (東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル)
■募集人数
400名(先着順)
■申込方法
http://www.jinken.or.jp/archives/5830 をご参照ください。
■主催
法務省、財団法人人権教育啓発推進センター
■料金
無料

本シンポジウムでは、はじめに、子どもたちに少しでも元気を届けられればとの思いで宮城県石巻市を訪れた、紙芝居師の金谷邦彦さんに、被災地の子どもたちが作った紙芝居を実演していただくとともに、現地での活動報告や子どもたちからのメッセージをお話しいただきます。

そして、1995(平成7)年に発生した阪神・淡路大震災の際のボランティア活動を生かして、東日本大震災発生直後から被災地入りし、現在も支援を続けられている黒田裕子さんをはじめ、愛する東北のために被災地入りし、支援活動を展開し、震災に関する海外メディアの報道のあり方に警鐘を鳴らすダニエル・カールさん、公衆衛生学の観点から今後の被災地支援のあり方を訴える和田耕治さん、そして震災における人権的な視点からの長期的支援の必要性について分析する当センターの横田洋三理事長の4人のパネリストにご登壇いただきます。

このシンポジウムをきっかけに、2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災から半年以上が経過した今、私たち一人ひとりが、何が出来るのかを改めて考え、自らの問題として捉え、継続的な支援へつながっていけばと考えております。
皆様のご来場をお待ちしております。


<お申込・お問合せ先>
財団法人人権教育啓発推進センター「人権シンポジウム」事務局
〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
TEL 03-5777-1918 / FAX 03-5777-1803
Eメール event2011@jinken.or.jp

http://www.jinken.or.jp/archives/5830

 

手話でゴスペル“Oh Happy Day”を歌って踊ろう!

 投稿者:(財)人権教育啓発推進センターメール  投稿日:2010年11月29日(月)10時19分34秒
  日時:2010(平成22)年12月7日(火)
①15:30~17:30 『手話ソング&ダンス』ワークショップ
②18:00~20:00 障害者の人権-国連障害者権利条約-講演会
会場: 明治学院大学 白金キャンパス アートホール(東京都港区白金台1-2-37)
交通アクセス:http://www.meijigakuin.ac.jp/access/
学内案内図:http://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/

講座 (手話通訳・要約筆記あり)
①『手話ソング&ダンス』ワークショップ
手話でゴスペル“Oh Happy Day”を歌って踊ろう!
生まれつき聴覚にハンディキャップをもちながらも女優として活躍している、大橋ひろえさんが、参加者のみなさんと一緒に手話でゴスペルを歌います。
講師 大橋 ひろえ(女優、サインボーカル・ダンサー)

②18:00 ~ 20:00 障害者の人権-国連障害者権利条約-講演会
「国連障害者権利条約」について分かりやすく解説し、現在の状況などをお話しします。
講師 長瀬 修(東京大学大学院経済学研究科特任准教授)

お申し込み方法など詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.jinken.or.jp/archives/4051

■お問合せ先
財団法人人権教育啓発推進センター 障害者週間セミナー事務局
〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12
TEL 03-5777-1918(担当直通)/FAX 03-5777-1803
Eメール shibajin2010@jinken.or.jp

http://www.jinken.or.jp/archives/4051

 

人権作文表彰式で新垣勉さんのミニコンサート

 投稿者:(財)人権教育啓発推進センターメール  投稿日:2010年11月16日(火)17時51分24秒
  突然の書き込み失礼いたします。

法務省主催の全国中学生人権作文コンテスト表彰式で、テノール歌手・新垣勉さんのコンサートが開催されます。詳しくは下記WEBページを御覧ください。

第一部 表彰状授与、来賓あいさつ
第二部 受賞作品朗読・審査員講評
第三部 新垣 勉さんコンサート

入場無料・事前申込制・申込順(定員約700人)

①「表彰式参加希望」、②名前、③住所、④FAX番号を明記の上、FAXかEメールでお申し込みください。
FAX: 03-5777-1803
Eメール: sakubun30@jinken.or.jp

どうかよろしくお願いいたします。

http://www.jinken.or.jp/archives/4000

 

ありがとうございました

 投稿者:武蔵野合唱団  投稿日:2006年 7月22日(土)15時12分59秒
  武蔵野合唱団と申します。
度々の書き込み失礼致します。

皆様のおかげを持ちまして、先日6月29日、池袋芸術劇場に於いて武蔵野合唱団創立50周年演奏会を無事終える事が出来ました。
当日ご来場いただいた皆様、各方面でお世話いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

今後とも当団の活動に温かいご声援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 

創立50周年記念演奏会のご案内

 投稿者:武蔵野合唱団  投稿日:2006年 4月19日(水)11時06分17秒
   武蔵野合唱団と申します。突然の書き込み失礼致します。
当団の演奏会の告知をさせて頂きたくお邪魔致しました。

 この演奏会は我々の創立50周年記念、大変力を入れて準備をしております。
 指揮には40年間にわたってご指導を頂いている小林研一郎先生、
そして先生が桂冠指揮者を務めているハンガリー国立フィルを招いての演奏会です。
 ハンガリー国立フィルとは1980年・当団の第2回ハンガリー演奏旅行以来の交流があり、
今回の来日では唯一のアマチュア団体との共演となります。
 6月29日はぜひ池袋芸術劇場に足をお運び頂ければ甚幸です。

武蔵野合唱団 創立50周年記念・第6回 日本・ハンガリー親善
       第39回 定期演奏会
オルフ 『カルミナ・ブラーナ』、チャイコフスキー 大序曲『1812年』(合唱付)

 指揮:小林 研一郎
管弦楽:ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団
 独唱:管 英三子(Sop.)、高橋 淳(Ten.)、堀内 康雄(Br.)
 合唱:武蔵野合唱団
    新座少年少女合唱団

2006年6月29日 (木) 18:30開場 19:00開演
池袋・東京芸術劇場大ホール

後援 ハンガリー共和国大使館

 チケットはこちらで
電子チケットぴあ Pコード:225-998
 http://t.pia.co.jp/index.html
e-プラス
 http://eee.eplus.co.jp/index.html
 団単位でのまとまった枚数のご注文は特別割引もいたしております。
詳しくは合唱団ホームページからメールにてお問い合わせ下さい。
http://www.musashino-chorus.com
 

東京ブラスソサエティ第33回クリスマスコンサート

 投稿者:DAFEEメール  投稿日:2005年12月 6日(火)22時25分40秒
  突然の書き込み失礼いたします。
東京ブラスソサエティが贈る、ブラスの響き。
今回は、金管バンドによるアメリカの音楽・イギリスの音楽、と題しまして、
イギリスを代表するブラスバンドミュージックや故A.Reed氏の「オセロ」を
金管バンドで演奏いたします。(世界初演)
また、ユーフォニアムソロやコルネットのデュオなど盛りだくさんの内容で
皆様のご来場をお待ちしております。

日 時 : 2005年12月18日(日) 開場 13:30 、開演 14:00
場 所 :ティアラこうとう大ホール
交通手段 :都営地下鉄新宿線・営団半蔵門線、住吉駅より徒歩5分
JR総武線、錦糸町駅から都バス5分(江東公会堂前下車)
料 金 :一般:¥2000 小中学生¥1,000
曲 目 :ファンファーレとフローリッシュ(J.カーナウ)
ユーフォニアムのためのラプソディ(J.カーナウ)*ユーフォニアムソロ
シンフォニックポートレイト「オセロ」(A.リード)
ステージセンター(G.リチャーズ)
イギリス民謡組曲(ウイリアムズ)
いつくしみ深きイエス(ウエッバー)
*コルネットデュオ
メモリーオブブリテン(リマー)
威風堂々第一番(エルガー)

指揮:福田昌範 山本武雄
お問合せ : 担当者 山本
TEL 0339310676
 

レンタル掲示板
/7