teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


観艦式レポートお疲れ様です!

 投稿者:すーさん  投稿日:2015年12月17日(木)17時02分34秒
返信・引用
  HARUNA様レポート拝読しました。膨大な写真や情報を整理され、まとめ上げるのに大変ご苦労されていると想像します。

それにしても、他の方も含め12日に撮影された写真を見ると、羨ましく思います。富士山をバックに進む艦艇、ご一緒した15日でも撮りたかったです…この悔しさを次回までのモチベーションにします(笑)

写真は、12月二回目の呉訪問時に撮影した「おやしお」型潜水艦の入港シーンです。

引き続きレポート楽しみにしています!
 
 

写真特集「2015自衛隊観艦式~事前公開1・出港編~」拝見しました

 投稿者:りゅうおお  投稿日:2015年12月17日(木)02時27分10秒
返信・引用
  おはようございます。
皆様お久しぶりでございます、りゅうおおです。
師走も早半月が過ぎ、何かと慌ただしい時期となってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

HARUNA様、お忙しい中でのサイトの更新、真にお疲れ様でした!
平成27年度自衛隊観艦式レポート、遂に始まりましたね!
のっけから素晴らしい景色の連続だったようで、楽しく拝見させていただきました。

う~ん、しかしすごい人の数ですね…。
横須賀基地の敷地に入るまでにも一苦労ということを考えると、現地にはかなり早めに到着しないと駄目ですね。
観艦式の参加時には、宿泊場所も結構重要な要素になるなと改めて思いました。
文章中に散見される乗艦における諸注意の喚起が身に沁みます。
全部基本的なことなのですが、特に普段船に馴染みのない一般の方はちょっと鉄道で遠出的な感覚でおられる方も多いのではないかと感じますね。
…かく言う自分も気を付けないといけませんが。
いざ現地に行くとテンパってしまって、流れを澱ませてしまうことが結構あるのもので…(苦笑)。


なるほど、観閲・観閲付属部隊と受閲部隊にはかなり乗艦時間に差があるのですか。
自分はもし乗艦できるのなら時間の長い受閲部隊が良いな~って、自分で選べるものでもないですけども(笑)。
次々に出航していく掃海艇達…良いですね~。
HARUNA様仰るように、このクラスの船で外洋を行くのは大変そうです。
嘗てはこれよりもっと小さな船で遥かイラクまで航海したというのですから…先人の苦労が偲ばれます。

自分は「いずも」さんの見学時に自衛艦旗の降納を拝見することが出来ました。
様子をじっくりと撮影したい気分でしたが、HARUNA様の言葉を思い出して何とか思いとどまり、脱帽して気を付けで見送ることが出来ました…まあ、ちょっと挙動不審だったかもしれませんが…(苦笑)。
自衛艦旗の周りには多くの見学者が集まっておりましたが、どちらかと言えば見物に近い雰囲気だったと記憶しています。
思えば自分の遠い学童時代、国旗の掲揚、降納の際には背筋を正し、敬意を払うことを先生方に教えられたものです。
今は違うのでしょうか?
或いは自分がそうだったように、あくまでも自衛艦旗は自衛隊という組織の中だけで通ずるものだとの認識で、日の丸と同等な国の旗であるという意識がそもそもないのかもしれないですね。

艦上で聴く「宇宙戦艦ヤマト」…良いですね~♪
リメイク版の2199では海上自衛隊の後裔組織に所属するという設定が加えられましたし、余計に感慨が深そうです。
行進曲「軍艦」と共に出港…想像するだけで、ああ…いかにも日本のおフネの姿だ…と身震いが致します(笑)。
観艦式カーストには笑いました♪
自分も一度くらいは招待されるような身分になってみたいものですね~。

単縦陣を組む「しらたか」さん、「くまたか」さん、「おおたか」さん…確かに何だか可愛らしい♪
ミサイル艇といえば、波を叩き割って疾走するイメージが強いので(自分の今の所唯一の接近遭遇も、観艦式より帰港時に浦賀水道を驀進する姿でした)、こうやって静々と航行する姿は新鮮ですね。
「くまたか」さんと「おおたか」さんは双子の姉妹…覚えました!
艦同士の昔の関係を振り返って、今の景色にあてはめて色々と想像してみるというのも、楽しいものです。

漁船と遊漁船…大型の艦船が好きな者として、残念ながら今となっては悪い印象しかありません。
小型の船と大型船を絡めた写真というのもなかなか良いものなのですけどね…。
今回の観艦式では危ない動きをする船はなかったでしょうか?
本番では変なヨットがいたとの話もありましたが…。

しかし、改めて見ても「ぶんご」さんに乗艦したお客さんの数850人は多いですね。
北海道航路の200メートル級大型カーフェリーの定員が大体700~800人くらいですよ。
カーフェリーの場合旅客スペースは上部構造物の一部だけなので、自衛艦のほうが人が動ける空間自体は大きそうですが…それにしても、この大きさでこの人数は凄いなと思ってしまいますね(笑)。
HARUNA様の上空からのレポートですか…どんな風になるのだろう?
是非いつか拝見してみたいですね!

浦賀水道を抜けて、着々と観艦式の準備を整えていく各艦…いや~、気分が高揚しますね!
こうやって記事を拝見しているだけでもワクワクするのですから、実際に現地で体験した際の興奮は如何ばかりかと思います。
青藍の海を一直線に隊列を組み進む自衛艦達…こみ上げるものがありますね!
三年に一度の観艦式は海上自衛隊における最大かつ唯一の“実戦”である…このHARUNA様の文章にはなるほどと思いました。
夏の展示訓練があくまでも国民と海上自衛隊との親睦を深める為の催しであるのに対して、観艦式にはそれに加えて敵味方問わず広く諸外国に海上自衛隊=日本の実力を知らしめ、我が国の国益に繋げるという重要な役割があるのですね。
であるならば、観艦式にある種独特な雰囲気が漂う理由も分かる気がします。

富士山と自衛艦…まるで心が洗われるような、見事な絵ですね!
HARUNA様も仰っているように、日ノ本を守る海の防人…その姿を象徴するかのような光景だと思います!
千代に八千代に…この美しい風景が見られるようにと願って止みません。
ああ、本当に素敵な絵だなあ…。

もう既に満腹感がありますが(笑)、これはまだほんの序章なのですよね。
事前公開1・式典編、脱稿を楽しみにして待っております!
年の瀬も迫り、寒さもグッと厳しくなってまいりました。
色々とお忙しくて大変でしょうけど、体調には十分お気を付けて、日々をお過ごしくださいね。

それでは、今回はこの辺りで失礼いたします。


追伸 今更で恐縮ではありますが…HARUNA様、お誕生日おめでとうございました!
…変な日本語で申し訳ありません(苦笑)。
 

レポート拝見しました

 投稿者:青嵐  投稿日:2015年12月15日(火)13時42分36秒
返信・引用
  お久しぶりです。
観艦式レポート拝見しました。当日の雰囲気とHARUNA様の海自愛がひしひしと伝わって参加できなかった悔しさが和らぎました。
近場ではしばらくの間、艦艇の一般公開等に参加する機会はなさそうですのでレポートの続編楽しみにしてます。
 

(無題)

 投稿者:海猫  投稿日:2015年12月13日(日)21時25分23秒
返信・引用
  更新お疲れ様でした^_^中継ではわからない艦内の様子が分かり、興味深かったです。昨今の海自人気が高いとのことですが、艦これの影響はかなり大きいと思います。ニコニコ動画で観艦式の中継を見ていたとき、秋刀魚や時報、その他艦これのプレイヤーしか理解出来ないようなコメントが多く書かれていて、前回の観艦式で右翼が大発生していたのが嘘のようでした。ただ、艦これはそろそろコンテンツとしての寿命が来る頃だという意見もあります。だから、私はこの人気はあと一、二年で下火になるのではないかと思います。
どんな形であれ、国防に興味を持ってくれたのは嬉しい事でしょうが……ねえ。
 

呉基地の風景

 投稿者:すーさん  投稿日:2015年12月 3日(木)23時09分0秒
返信・引用
  HARUNA様、皆様、連投恐縮です。

呉に寄る機会がありました。せっかくなので投稿しておきます。
 

舞鶴基地の夜景

 投稿者:すーさん  投稿日:2015年11月26日(木)20時49分24秒
返信・引用
  HARUNA様、皆様、いつもお世話になります。

掲示板が舞鶴づくしになりますが、基地の夜景を投稿したいと思います。この日は、艦艇少なめでしたが、北吸岸壁には「みょうこう」「あさぎり」、JMUに整備中の「あたご」がいました。
 

しらね

 投稿者:ブリンデン  投稿日:2015年11月24日(火)15時29分42秒
返信・引用
  何でも「しらね」は、来年行われる新空対艦ミサイルXAMS3の実射試験で、標的艦になるため、どこかで改装中だという話を聞いたことがあります。  

舞鶴のぞいてきました

 投稿者:武庫喇叭  投稿日:2015年11月23日(月)23時06分52秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。

本日夕刻、ちょいと潮の香りをかぎに舞鶴へ。

あわよくばインド洋や南シナ海で頑張っておられたふゆづきさんを見ようと目論んでいたのですが、北吸は閑散としておりまして、ミサイル艇とみょうこうさん、あさぎりさん、ひうちさんだけでした。掃海艇たちもお出かけ中。向かいの岸壁ではあたごさんが整備中、ましゅうさんが入渠されておりました。そうそう、実艦標的いそゆきさんもいつもの場所におられます。いそゆきさんは舞鶴に来られて1年になりますかね。

そして、除籍後前島沖に係留されていたしらねさんがおられません。とうとう解体先へ回航されたのでしょうか。写真は10月某日撮影、就役以来海自の顔として頑張ってこられたしらねさん最期の姿です。そういえば、観艦式における妹さんの観閲艦任務も今回が最後だったんですね。
 

護衛艦「あたご」 舞鶴基地入出港

 投稿者:すーさん  投稿日:2015年11月16日(月)18時56分20秒
返信・引用
  HARUNA様、皆様、連投失礼します。

京都地本の体験航海、「あたご」の入出港を見に。「あたご」は、結構やつれた感じでした。実際、体験航海で帰港すると、北吸桟橋ではなく直接JMUの方に接岸、そのまま整備に入るようでした。
 

ある日の舞鶴基地

 投稿者:すーさん  投稿日:2015年11月 7日(土)19時23分40秒
返信・引用 編集済
  HARUNA様、皆様、いつもお世話になります。

仕事の合間、ちょこっと平日の舞鶴に。秋晴れでしたので、いい光が艦に当たっています。

整備中の「ましゅう」喫水がえらく上がっていました。そういえば、観艦式に参加した舞鶴基地所属艦は、「あたご」と「ましゅう」だけでしたので、少し寂しかったですね。        
 

阪神基地「てるづき」

 投稿者:青嵐  投稿日:2015年11月 3日(火)12時25分36秒
返信・引用
  先週行なわれた「てるづき」の一般公開にいってまいりました。
当日は風が強く艦尾の自衛艦旗が常に大きくなびいていました。

昨日は神戸で潜水艦「せきりゅう」の進水式も行われたようですね。
南方を守る龍ということで現在の日本を取り巻く情勢が昨今の艦の命名にも影響を与えているのでしょうか。

>>HARUNA様
観艦式の画像集拝見しました。
富士山を背景に海をゆく艦の写真がすばらしいです。
レポートも楽しみにしております。
 

画像集

 投稿者:ケンケン  投稿日:2015年10月27日(火)21時39分11秒
返信・引用
  管理人さん、皆さんこんばんは
画像集拝見しました
非常に綺麗に取れていますね
くらまは今回が見納めだそうで
あのどこか戦艦を連想させるしらね型の雄姿も見納めと思うと
一つの時代の終わりを感じさせます
 

速報画像集で拝艦

 投稿者:グッチ  投稿日:2015年10月27日(火)00時27分36秒
返信・引用
  管理人様、皆様、こんばんは。

早速に管理人様の速報画像集を拝見しました。存分に楽しまれたようでなによりです。
私は仕事の都合で、18日は横浜の本牧海釣り施設から「いずも」出港を見送っただけでした。
残念な空模様かと思っていましたが、天候は回復したようで迫力ある写真に興奮しました。

一般公開の時、主に曹士クラスの方達から様々なお話しを伺いました。公開しても支障なさそうな話は次の通りです。

航行中の入浴は男女問わず海水ですが、女性に「海水で洗髪したらゴワゴワになりませんか?」と尋ねたところ、秘策(コツ)があるそうです。具体的には機密ですと輝くような笑顔で答えてくれました。つまり・・・はぐらかされた訳です(笑)。

男性と話した時「食事は、味は満足しているが量は物足りないことがある」そうです。いつの時代も、どこの国でも、SAILORは空腹なのですね。

また、真冬の大湊で登舷礼を命じられた時は、人数分の雪だるまができるそうです。

最後に幹部(二本半)の方。観艦式当日は観音崎で見送りたい(実現しませんでしたが)ので予定時刻を教えて欲しいと尋ねたところ、ご自分で計画したのにド忘れなさったとのこと。
もしかすると、前夜に別法でご活躍だったのかも知れない・・・と邪推しました。

いずれの方々も私の不躾な問いにも関わらず真摯に応えて頂き、楽しめたと同時に感激しました。
このような素晴らしい方達が、その真の能力を発揮しなくても済む日々が続くよう、祈念します。
 

護衛艦「てるづき」阪神基地入港

 投稿者:すーさん  投稿日:2015年10月24日(土)13時43分8秒
返信・引用 編集済
  HARUNA様、皆様、いつもお世話になります。

一般公開のため阪神基地に入港する、護衛艦「てるづき」です。観艦式では、「ロナルド・レーガン」の先導艦を務めていました。まさに隠し玉でしたね。

追伸
HARUNA様、無事に観艦式から帰還されたようで、お疲れ様でした。私もレポートを首を長くして、お待ちしております。
 

楽しみです

 投稿者:せとゆき131  投稿日:2015年10月22日(木)00時11分16秒
返信・引用
  「作戦ノ成功ト 無事ノ帰還ヲ祝ス」
ご苦労様でした。
レポート、期待してます。
 

観艦式本番日

 投稿者:管理人HARUNA  投稿日:2015年10月21日(水)20時12分17秒
返信・引用 編集済
  ご報告が遅くなり申し訳ありません…。
一昨日の夜、約1週間に及ぶ観艦式とその付帯行事の取材・撮影から帰投いたしました。
観艦式本番当日は受閲艦艇部隊旗艦「あたご」に乗艦しておりました。
受閲部隊の先頭を航行する艦ですので、「しまかぜ」「おおなみ」「いずも」等の艦が
後続しながら隊列を整えていくダイナミックなシーンを存分に撮影することができました。
12日の予行航海以上に波が高く撮影には苦労しましたが、その分白波を蹴立てて走る艦の
勇壮な姿を画像に収めることができました。
受閲部隊の艦が一直線になって航行する光景は、誰もが心躍るであろう見事なものでした。

今回の観艦式に参加して世間の海自人気が過熱といえるほどに高まっていることを実感しました。
一方で、その人気が「海上防衛の重要性」や
「安保法案成立=日米同盟の深化による抑止力の強化」といった事への理解には繋がっていないように感じられ、
加えて、不愉快な言動や行動を行う乗艦者も散見されて、海自人気の負の側面に暗澹たる気持ちにもなりました。
今回執筆するレポートは、今回の観艦式の意義、海自艦艇の高い練度をご紹介するとともに、
異常人気に警鐘を鳴らす内容にしようかと考えております。

ご存知のように私のレポートは執筆に少々時間がかかり、
レポートを楽しみにしている閲覧者の皆様をお待たせすることになりますので、
少しでも早く観艦式の模様とその雰囲気をお伝えするために、近日中に「速報画像集」を掲載する予定です。
期間中に約1万8000枚も撮影し、いまだにすべてに目を通しきれていないのですが、
今週末の土日に観艦式の雰囲気が良く伝わる画像をピックアップして急ぎアップロードいたしますので、楽しみにしてお待ちください。

 

ありがとうございます

 投稿者:初めまして  投稿日:2015年10月21日(水)01時01分48秒
返信・引用
  素人の愚問にお答えいただき、誠にありがとうございました。

取り急ぎ、御礼申し上げます。



 

観艦式

 投稿者:hona  投稿日:2015年10月20日(火)22時43分52秒
返信・引用
  良いお天気に恵まれて本当に良かった!
ロナルドレーガンは、やっぱりサプライズだったんですね!ビックリしました。

3年前の観艦式はブルーインパルスいなかったので羨ましい!
青い空、海にあの色は鮮やかで美しいですね。技術も美しいですが。

いずも、横浜へ見に行きましたが「でかい」
の一言でした。HARUNA様の助言にそって、山下公園から全体を、
細部近距離レンズでたくさんカメラに収めてきました。

一般公開に限らず、海上自衛のイベント時に
ベビーカーや車椅子の置き場があるのは非常にありがたいことでした。
私が父親の船に乗った時はもう小学生だったので気にもしていませんでしたが

隊員のご家族でも乳幼児を連れて行く方もいるでしょうし
家族連れも行きやすくなるので親としては感謝の気持ちです。

さて、話はそれてしまいましたがあの晴天でのHARUNA様の写真と
レポートを心待ちにしております。
 

「なおしま」見てきました

 投稿者:せとゆき131  投稿日:2015年10月20日(火)19時00分47秒
返信・引用
  18日、堺泉北港の「なおしま」公開に行きました。
久しぶりにゆったりと楽しめました。
もしかしたら、晴嵐樣とニアミスしたかもしれないですね。
木甲板の柔らかい踏み心地(?)好いですね。
 

紋章について

 投稿者:へたれ  投稿日:2015年10月20日(火)16時04分34秒
返信・引用
  紋章ではなく、徽章といいます。安倍総理の右隣りは、重岡自衛艦隊司令官、徽章は航空徽章ですから、操縦士または航空士の航空従事者技能証明を有する隊員に与えられる徽章です。重岡海将の後方は、武居幕僚長、徽章は、水上艦艇徽章、船舶の運航または機関に関する資格を有し、かつ護衛艦などの水上艦艇の乗り組み暦が4年を超える隊員に授与されるものです。階級はお二人とも海将で同格でしょうが、地位的には武居幕僚長が上なのでしょうね。年齢も2歳違います。防大も武居幕僚長が第23期に対して重岡司令は第25期です。安倍総理と太郎副総理の双眼鏡は海自が用意し、観艦式等に貸し出しているものでしょう、きっと。紫ストラップは、総理大臣旗に合わせた色にしているのではないでしょうか。詳細はわかりませんが・・・。詳しくは専門家に聞いてください。  

レンタル掲示板
/112