teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今回予告

 投稿者:ユヅキ  投稿日:2011年 6月11日(土)00時24分45秒
返信・引用
  トレーラー

きっかけは、不運な事故だったかもしれない、責めるべき相手は間違っているのかもしれない。
しかし、大切な人を失った悲しみはやがて憎しみとなり、復讐という名の悲劇を起こす。
例えその行為がなんの意味もなく、ただ新たな憎しみの種を増やすだけだとしても、彼らは止まらない――
復讐に駆られた者は、すでに己を制御出来なくなっているのだから――

ダブルクロス The 3rd Edition
『Cain the hate』
ダブルクロス、それは裏切りを意味する言葉。

ハンドアウト

PC1
ロイス:“スパークアーム”牧瀬尚(まきせ・なお)推奨感情 P:連帯感/N:悔悟
カヴァー/ワークス 指定なし/UGNエージェント
“スパークアーム”牧瀬尚は以前からキミと共に任務をこなしてきたUGNのエージェントだ。
ある日、彼or彼女からかかってきた電話に出ると、かなり切迫した様子で自身とキミが半年前に担当した事件の事で命を狙われていると告げて回線が切れる。一体何があったのか――
彼or彼女が消息を絶ち、半年前の事件の舞台となったH市へと向かう。
※PC1の性別によってNPCの性別変わります

PC2
ロイス:篠崎悠太(しのざき・ゆうた)         推奨感情 P:庇護/N:隔意
カヴァー/ワークス 指定なし/指定なし
キミはUGNに協力しているオーヴァードだ。夜、キミが街を歩いているとジャームに襲われている中学生くらいの少年を見つける。ジャームを倒した後、篠崎悠太と名乗ったその少年はUGNに行くのを嫌がり、そのまま立ち去ってしまう。彼から感じたUGNへの異常なほどの嫌悪。彼が去った後もそれがキミを不安にさせた。

PC3
ロイス:小暮公彦(こぐれ・きみひこ)         推奨感情 P:尽力/N:不安
カヴァー/ワークス 指定なし/指定なし
知り合いの刑事、小暮公彦がキミを訪ねてきた。彼の甥はレネゲイド関連の事件に巻き込まれて家族を失い、UGNに保護されていたのだが、数日前に保護されていた施設を飛び出してしまった。一時は彼のところに身を寄せていたが、すぐに行方を眩ましてしまったという。キミは甥を探して欲しいという彼の頼みを引き受けることにした。

初期キャラでスタートします、サンプルは全部許可
どのハンドアウトにするかは自分の携帯にメール下さい
 
 

アリアンロッドキャンペーン第一話 今回予告とハンドアウトとレギュレーション

 投稿者:ヒュウガ  投稿日:2011年 6月 1日(水)00時34分17秒
返信・引用
  今回予告
 焼き払われた村に佇むのは、三人の騎士と一人の魔術師。
 銀の鎧を身に纏う白騎士は厳かに宣言する。
「我ら人の世の終わりを告げる者。
 我ら終焉の騎士。
 滅びるが良い、罪深きものよ。
 とく滅び去り、その罪を悔い改めよ。
 それこそが唯一の救済である」
 アリアンロッドキャンペーン第一話「裁きの騎士」

ハンドアウト
 PC1
「お願いします。力を貸してください、私に」
 不意に耳に響いたのは、少女の声。
 金色の髪を長く伸ばした少女の手には、一冊の魔道書が握られていて。
 ……気付けば、少女はその場から姿を消していた。
 あれは、夢だったのだろうか。

 PC2
 君はPC1と共に、とある女魔術士の護衛として雇われている。
 何でも彼女は古い魔道書に関する知識が豊富で、今回は発掘された魔道書の解読の為に城に呼ばれたのだという。
 その道中、君達は炎に包まれた村を目にしたのだった。

 PC3
 君の受けた依頼は、とある遺跡で発掘された魔道書を銀嶺城まで送り届けることであった。
 立ち寄った村で宿を取り、夜を明かす。
 その魔道書が、村を滅ぼすことになるなどとは、夢にも思いはしなかった。

 PC4
 君はエルーランに仕える騎士である。
 突然火の手の上がった村を救援すべく、君はその場に駆けつけた。
 燃え上がる村の中、君が目にしたのは四人の人影であった……。




はい、ほとんど代わり映えのしないハンドアウト×4でございます。
炎に包まれる村、四人の人影、そこに居合わせるPCたち。
そんな感じで一つ。


レギュレーションについて
PCは全員レベル11スタート(ごめんなさい、4~6レベルはシナリオ的に無理がありました)
余剰経験店50点
所持金は一人10万G
既存のルルブは全部ありありで。
スキルガイドも導入します。
ただし、大陸独自のクラスとか使いたい場合は、無理がないようなキャラ設定にしていただきたい。
ウォーリア、シーフ、メイジ、アコライトの上位クラスを各一人ずつ担当して欲しいと思います。(定員割れしたら支援型NPC用意します)
インタラプトとかソウルバスターとかガーディアンとかファイトソングとかレイジとか、その辺の切り札系はパーティで1枚ずつとなるように現地で調整してもらう予定でいます。

ギルドレベルは7
ギルドスキルとかギルド名はその場で決めてもらおうと思います。

ハンドアウトについては、まぁやりたい立場があれば事前に連絡して頂く、と言う程度。
希望がなければこれも現地で決めます。
事前にキャラ設定とか投げてくれれば拾うかもしれないので、お気軽にご連絡くださいな。

※どの上位クラス使うかだけは、事前に連絡していただきたいです。
 

ダブルクロス ハンドアウト

 投稿者:トーマ  投稿日:2011年 2月12日(土)02時58分47秒
返信・引用
  ハンドアウト

PC1用ハンドアウト
ロイス:恵(めぐみ) 推奨感情 P:庇護/N:不安
カヴァー/ワークス:高校生/高校生
 キミは市内の高校に通う傍ら、UGNイリーガルとしても活動する高校2年生だ。
 そんなキミには一つ年下の妹、恵(めぐみ)がいる。半年ほど前、重い病気を患ったものの、今日からまたキミと共に登校することとなった。
 そんなキミたちの前に現れた親友、大地(だいち)は告げた。「放課後に、回復祝いのパーティーをしよう!」と。
 賑やかな日常が今日もまた始まった。
 しかし、その後待ち受ける運命をキミはまだ知らない。

PC2用ハンドアウト
ロイス:深海 大地(ふかみ だいち) 推奨感情 P:友情/N:隔意
カヴァー/ワークス:高校生/UGNチルドレン
 キミは市内の高校に通うUGNチルドレンだ。
 ある朝、登校したキミの前でクラスメイトである深海 大地(ふかみ だいち)の放った一言に、当然のように巻き込まれた。
 チルドレンであるキミは‘普通の日常’というものを知らずに生きてきた。
 しかし、こんな日々も悪くないと、キミは思い始めていた。
 だが、キミは思い知らされる。そんな日々は薄氷の上に存在するのだと。

PC3用ハンドアウト
ロイス:ジャーム狩りの少女 推奨感情 P:同情/N:脅威
カヴァー/ワークス:指定なし/UGN支部長
 キミはこれまでに多くのレネゲイド関連事件に関わってきた。その過程で、多くの悲劇も経験してきた。救うことのできなかった人々を見てきた。
 そうして、今やUGNの支部長となったキミのもとに、UGN日本支部長、霧谷雄吾からの連絡が入った。
 ジャーム化した人々が眠る場所、コールドスリープ施設が襲撃を受け、壊滅したというのだ。それも、たった一人の少女の手によって。

PC4用ハンドアウト
ロイス:ファントムキラー 推奨感情 P:同情/N:脅威
カヴァー/ワークス:指定なし/UGNエージェント
 キミはこれまでにも多くのジャームを葬ってきた、UGNエージェントだ。
 決して気分のいいものじゃない、かつて人であったものを殺すのは。だが、さらなる被害を抑えるためにもキミは力を振るわねばならなかった。
 そんなキミは、夕暮れの迫る街で、ファントムキラーと呼ばれるジャームの足取りを追っていた。
 そんなキミの前に現れたのは、予想外の結末だった。


 続いてハンドアウト、変更になるところとかもあるかも知んないけど。
 

ダブルクロス トレーラー

 投稿者:トーマ  投稿日:2011年 2月12日(土)02時45分18秒
返信・引用
  トレーラー

 家族との団欒があった――。友人との語らいがあった――。恋人のぬくもりがあった――。
 ――掛け替えのない日常が、そこには確かに存在していた。
 たとえそれが、レネゲイドによって蝕まれ、継ぎ接ぎだらけであったとしても――。

 うっすらと雪の降り積もる、暮林市にも、オーヴァード達(彼ら)の日常はあった。
 学園へ通う者、平穏を守る者、人知れずジャームを追う者、それぞれの日常が――。
 しかし、傷つき咎を負いし少女の訪れが、一人のオーヴァード(少年)(もしくは少女)の日常を終焉へと誘う。
 選ばなければならない。本当に大切な‘モノ’を――。
 全てが白く覆われる街で、はたして彼(もしくは彼女)は何を守り――、そして、何を失うのか――。

ダブルクロス The 3rd Edition 「タイトル未定」
ダブルクロス、それは裏切りを意味する言葉。


 色々と未定な部分が多いけど、とりあえず現状でのトレーラーを公開。
 

Re: 迷宮デイズキャンペーン第4話「教室の中の苦悩」を終えて

 投稿者:ヒュウガ  投稿日:2010年12月26日(日)23時03分34秒
返信・引用
  > No.398[元記事へ]

わ、我が恩師をそんなヘタレにしないで欲しい!
まぁ、それはともかく。
ひどいネタキャラだったなぁと思います。ネタの癖に、ガチだった。
まぁ今回はちゃんと考えて配置してたから、何とか事なきを得たわけですが。


貪る者。アレは正直、王剣を諦めてでも私が欲しいと思った一品です。その強さは推して知るべし(笑) 回復役不在という時点で、この戦術にシフトしました。
更にキリンの火力も上がり、平均的なダメージが大きく上昇しましたね。
おかげでどうにか先生を退けることが出来ました。


しかし、傭兵は色々戦い方を考えれて面白いですね。鬼複数回行動でボコボコにしたり、強壮薬積んで無敵城砦したり、爆弾魔作ったり。
マヨキンのボス作るのは楽しいんですよ、ほんとに(笑)
と、まぁ今回はそんな感じで。お疲れ様でした!
 

DX3rdキャンペーン最終話

 投稿者:ユヅキ  投稿日:2010年12月26日(日)00時51分58秒
返信・引用
  トレーラー

影を潜めていた真の敵が姿を現し、悪魔の木は復活した。
歪んだ意思は浸蝕を始め、保たれていた日常は突如非日常の世界へ。
少女の周囲で失われる絆、絶望が徐々に彼女の心を奪っていく。
狼に囚われた赤ずきんを救い出す狩人――それは一人の少年に託された。

ダブルクロス The 3rd Edition
Little Red Cap Illusion最終話『Eternal Wish』
ダブルクロス、それは裏切りを意味する言葉。

ハンドアウト
PC1:綾鷹優
ロイス:“ガーネット”          推奨感情 P:尽力/N:食傷
“マーキュリー”に操られた希に傷を負わされ、キミは動揺を隠せないでいた。
希を盾にされてはどうすることも出来ず、“マーキュリー”は“ガーネット”の種を手に入れる。
彼女はそんなキミを嘲笑いながらキミの賢者の石も手に入れようと手を伸ばす――
その時、キミの中の石が突然輝き始めた。

PC2:玉野連
ロイス:“マーキュリー”         推奨感情 P:尽力/N:食傷
ヘルメスの幹部、“マーキュリー”が遂にキミたちの前に姿を現した。
しかし、彼女に操られている優の妹を人質にされては、迂闊には手を出せない。
そんなキミたちを嘲笑いながら“マーキュリー”は“ガーネット”の種子を手に入れ、
優の石にも手を伸ばす。状況的に見て最悪の展開・・そんな時、優の石が輝きを発した。

PC3:氷室健二
ロイス:“ソードマスター”        推奨感情 P:尽力/N:食傷
キミの兄弟である“紅苑”こと“ソードマスター”を倒したのも束の間、
ヘルメスの幹部“マーキュリー”が現れた。
キミを含む3本の紅き刀を生み出し、“紅苑”がその支配から逃れようとした存在である“ガーネット”は今まさに復活しようとしていた。
しかし、そんな危機的状況は優の石に起こる変化とともに一変する。

PC4:紅葛葉
ロイス:赤木藤人             推奨感情 P:尽力/N:食傷
キミと同じ紅き刀を持つ少年、赤木藤人。彼は“紅苑”と一体化することで覚醒したレネゲイドビーイングであり、
“ガーネット”に対抗するためにキミの持つ“紅蓮”を含む他の刀と1つになろうとしていた。
師匠の死に彼が関わっていたことは明白だが、それを問いただす前に新たな敵“マーキュリー”が現れる。
まずは目の前の相手をなんとかするのが先決だ。

 

迷宮デイズキャンペーン第4話「教室の中の苦悩」を終えて

 投稿者:クロス  投稿日:2010年12月13日(月)00時24分28秒
返信・引用
  ふぅ、無事に終わった。とりあえず、貪り安定♪と少し思った。
このPTバランスがいいね。
前衛が貪って耐える。1つ離れてちくちくする。本陣で狙撃。あとは回復。
そろったら、範囲攻撃も怖くない安定PTのできあがり。

そろそろ一応キャラ紹介でもしとこかな。

天羽 零(アモウ レイ)
腰までの赤髪 生徒会会長
神官所持 祈り 信仰 民の声で使用する。

清水 学(シミズ マナブ)
白い短髪 丸眼鏡 生徒会副会長

転校生 迷ノ宮 九狼(マヨイノミヤ クロウ)
四角眼鏡 オレンジの髪

まぁ、そんな感じで。

とりあえず、今回は授業に疲れた先生でした。

 江戸川
 勇者 LV6  使用経験点1000?
 HP300
 才覚6 魅力0 探索5 武勇10
         回避12

 乗騎       移動力を1上昇させる
 甲冑LV10   10点ダメージ軽減
 対物狙撃銃    攻撃力2D6 射程4 防御無視
 RPG 6個   攻撃力4D6 射程3
 暗視スコープ   見える

 HP強化 HPをと50点上昇
 気力取得LV1 1ラウンドに1点の気力を獲得する

 自動射撃装置 HP200以下発動 2エリア先に2台召喚 初期配置で2体。
        HP1 防除0 命中10 威力1 射程2

 兵器習熟   割込 誤射しない
 外皮 常時 LV+10以下のダメージを半減する
 編差射撃   常時 命中+2
 乱射     補助 対象単体にする代わりにダメージ+1D
 全力攻撃   補助 移動の代わりに使用。希望1点で攻撃ができる。
 タクティカルベスト 常時 同じ名前の武具を6つ所持
 鷹の目    常時 射程+1点
 零距離射撃  補助 同エリアの相手に1D+所持武器数ダメージ増加

皆がいうように増えるやつに自爆装置付けようかと思ったけど、それだと爆弾になってしまう。

以上、お疲れ様でした。
 

Re: 迷宮デイズキャンペーン第三話「心の中の迷宮」を終えて

 投稿者:ヒュウガ  投稿日:2010年12月 9日(木)21時48分50秒
返信・引用
  > No.396[元記事へ]

ついかっとなってやった。今は反省している。
などと言ってみたり。

というわけで、皆さんお疲れ様でした。
いや、物の見事に全滅しましたね。まぁ全滅はしなかったけど、私の中でアレはもう全滅です。(笑)
さて、何が悪かったか考えてみると……やはり私の戦術の立て方にミスがあったなぁと。

みんなで一緒に突っ込んで、範囲攻撃で吹き飛ばされて、回復に民の声を使って、挙句の果てに希望切れじゃなぁ……。
言い訳のしようがない。(汗)


さて今回のシナリオ。奇をてらわない、よく出来た内容だったなぁと思いました。あぁ、迷宮デイズってあんな感じで導入いれてやれば良いんだと、目からウロコだったり。
しかし優等生の生徒会長が影でイジメに合ってるとか、どんだけだよ……。

迷宮に関しては、まさかの速攻ボスとの遭遇。ほとんど最短距離だったんじゃないでしょうか。
ああいうことがないよう、やっぱりボスは最奥に控えさせておくべきですね。(笑)
あと、運良く大した被害なくボスに辿り着けたけど、あのダンジョンは殺意高すぎたかなぁと言うのが印象です。もうちょっと自重しよう。

さて、最後にボス。アレは何と言うか……強かったなぁと。
音絶ちの剣で妨害無視して範囲攻撃は鉄板です。巻き込まれないよう、みんな後ろに避難しような♪
やはり私が一人で回復しながら壁役をするのが最善手だったんです。最善手だったけど……それだと某騎士は一体何をしてりゃ良いんだという話で。
ちょっと最初に出すボスとしてはハードル高かったかなぁとも思います。


まぁ、次回は緋咲が後衛だし、私も考えを改めたんで、今回のようにはいかないぞ。ということで。

あと、ドロップで王剣取得はホントにびっくりしました……。
 

迷宮デイズキャンペーン第三話「心の中の迷宮」を終えて

 投稿者:クロス  投稿日:2010年12月 6日(月)20時22分22秒
返信・引用
  初めてのマヨキン、うん。危ない危ない。ボス増えすぎてPCを終わらせるところでしたね・・・

意外とHPが少ないことに気がつきました。
あと、回復って重要だね!
回復役がいるといないとでは戦闘が全く違う。

ボスが範囲攻撃するよーっていってるに突っ込んでくるとは・・すごい勇気だった・・・おかげで皆同時に死にかけているじゃないか。

とりあえず、今回の相手。ハーモニクスは前のセッション時からのお気に入りでした。


 天羽 零(アモウ レイ)
 勇者 LV6  使用経験点1000?
 HP200
 才覚0 魅力4 探索6 武勇10
         回避13

 乗騎       移動力を1上昇させる
 衣装   魅力の判定を3Dで振れる
 甲冑LV5   5点ダメージ軽減
 輝く者LV5    攻撃力1D6+5点

 HP強化 HPをと50点上昇
 気力取得LV1 1ラウンドに1点の気力を獲得する

 ハーモニクス HP100以下のターン開始時発動。その時のHPの半分にして一つ前のエリア増える。本陣では同エリア

        Lv3 攻撃力は1D6 防御力5 星剣状態 自爆装置持ち
        使用可能スキル。跳躍、乱舞。

 激情 割込 自分のHPを敵Lv点回復する。
 我慢     常駐 ダメ2点軽減
 跳躍     補助 2つ前のエリアに直接移動
 絶対絶命   常駐 HP5以下で発動 6-HP点命中と威力が上がる。
 外皮 常時 LV+10以下のダメージを半減する
 乱舞(肉)  常駐 命中判定が3つで行える
 範囲攻撃   補助 命中ー2してエリア攻撃
 突撃(肉)  補助 1エリア移動で命中+1 威力+2
 星剣     補助 1戦闘中 射程+1 外皮無効
 音断ちの剣  補助 希望1点 肉弾スキル×2点攻撃力上昇


以上です。お疲れ様でした。
 

迷宮デイズキャンペーン第二話「異界の鐘の音」を終えて

 投稿者:ヒュウガ  投稿日:2010年11月26日(金)19時43分31秒
返信・引用
  振り返ると、イレギュラーが多発したセッションだったなぁと。
とりあいず、トウマは就活乙でした。
では、イレギュラーを公開していきましょうか。



イレギュラー1 シナリオ崩壊
今回のセッション、実は狂死朗君にスポットを当てようと考えた内容だったりします。
特別であることに憧れ、平凡な日常を嫌い、うっかり神威さんに告白して振られたりとか色々やった少年(イメージは鉄のラインバレルの主人公 verヘタレ )が、自分はやっぱり平凡な学生でしかなかったんだなと自覚して、迷宮化現象を引き起こすというのが大まかなプロットです。
その少年を狂死朗君と同級生にしようか、とか考えてました。中二病患者だし。で、「ヒーローになれなかったボクは、魔王として君達に挑もう」とか厨房発言する予定だったのですが、まぁ、流石に厳しいと思いあのような話となった訳です。
あと、今回予告・ダンジョン・ボスデータは流用しました。



イレギュラー2
さて、シナリオ導入で早くもイレギュラーがありましたが、更にダンジョンでもイレギュラーがありましたね。

以下のような部屋でしたが
A2
「聞いてください! 平和の歌を!」
アイドルコスチュームに身を包んだワー妹が居る。
歌を聴くと詠唱が発動し、PC達のHPが半減した状態で戦闘が始まる。
ちなみに、モンスター達も詠唱のダメージは受ける。
「姫様の為に!」(何か操られてる生徒達)
前衛 首なし騎士6
中衛 ワー妹1

首なし騎士6体は死ねるけど、詠唱の効果をモンスター達も受けるので何度か部屋を出入りすれば攻略できる出落ちの部屋……の筈でした。まぁ、逃走ルールについては良く調べてなかったけど(核)。
しかし結果的には、何故か連中とガチで殴り合うことに。外皮無視できる狂死朗もいないのに。
その上約一名耳を塞いで詠唱を回避したにも関わらず、残り二人は普通に嵌ってる罠。お前ら気付け、そしてお前は言えよと(笑)。

参謀によると、勝算はあったとのことでしたが、複数体攻撃が出来る久遠君があまりにもヘタレだったのが災いして大変な苦戦でしたね。
本気でシナリオが終わったと思いました(汗)。
まぁ、私がファンブル連発したので事なきを得ましたが、寿命が縮むかと思いました。



イレギュラー3 イチゾロ(笑)
何のかんのでイレギュラーがありつつもボスの部屋までたどり着き、順当にボス戦が進む中、発生した最後のイレギュラー。

「じゃあ、生死判定してくださいな。なーに、イチゾロでなけりゃ大丈夫さね」
 コロコロ
「……あ」

久遠、死す。何処までいってもIクオリティは健在でした。
まぁ、復活薬を購入して事なきを得たわけですが。



で、ボスデータはこんな感じ
 ミリア・ミノル
 魔人 LV5(12) 使用経験点500
 HP80
 才覚0 魅力4 探索1 武勇10

 乗騎 移動力を1上昇させる
 衣装 魅力の判定を3Dで振れる
 甲冑LV5 5点ダメージ軽減
 大剣LV5 攻撃力1D+5点

 HP強化 HPをと50点上昇
 気力取得LV1 1ラウンドに1点の気力を獲得する

 全能 補助 自分のHPを1D6点減少させ、減少したHP分その達成値を上昇させる
 奥の手 補助 移動の代わりに支援行動を行うことが出来る
 ブレス 支援 エリアを指定。探索で難易度9の判定に失敗したキャラクターは使用者のLV点のダメージ、成功すると/2点のダメージを受ける
 影跳び 補助 移動の際、好きなキャラクター一体を選ぶ。魅力で対象のレベルを目標とした判定に成功すると、その場に移動できる
 外皮 常時 LV+10以下のダメージを半減する
 乱舞    命中判定が3つで行える
 人類の敵

予め用意しておいたボスの名前を書き換えて、人数減ったから回復薬をなくして完成という、リサイクルなボス。
歌って踊れるアイドルはもう古い。これからは(ブレスを)吐いて最前線で(大剣振り回して)戦えるお姫様ですよ。
最初っからミリアをボスにするつもりなら、第二形態を用意しておいたんですが、惜しいことをした。

え? 久遠君のお兄ちゃん?
シナリオになかったキャラだから、従者のデータなんて用意してないですよ。適当に伝奇衆のエネミーデータから流用してきました。
……こいつもちゃんと造ってやりたかったなぁ。

と、今回はこんな感じでしたね。
では、おつかれさまでした。
 

レンタル掲示板
/27