teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
  2. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


力の釣り合い

 投稿者:支点・力点・作用点  投稿日:2010年 8月 3日(火)11時19分14秒
返信・引用 編集済
  力の釣り合い

http://www5f.biglobe.ne.jp/~Meaning/Balance%20of%20the%20power.pdf

http://www.youtube.com/watch?v=liCKLkLUfUk&feature=related

 
 

片持ちはりの先端荷重にかかるネジの許容応力について

 投稿者:町田メール  投稿日:2010年 7月 1日(木)09時07分4秒
返信・引用
  片もちはりの先端100mmの所に5kgfの荷重がかかり、
モーメントは算出できますが、
モーメントに対してネジの許容応力がわかりません。
どなたか、ご回答願います。

片持ちはりの先端荷重にかかるネジの許容応力についてお絵かき11971
 

庇の吊り材をブレースとして入力

 投稿者:建築ピボット回答  投稿日:2010年 4月19日(月)12時59分31秒
返信・引用 編集済
  お問い合わせを頂いた件ですが、回答をお送りいたします。

モデル化は設計者の判断になってしまいますが、下記の様な入力は可能かと思います。
庇のレベルに層を設けて吊り材をブレースとして入力いただき、
先端柱や上部の梁をダミー指定しモデル化してしまう。
ブレースの入力には、4辺を部材で囲まれていないと入力できませんが、
ダミー部材でも入力でき、ダミー部材は応力解析では無視した計算がおこなわれるため、
立体解析モデルとしては、添付頂いたPDFの様な形状が入力出来るかと思います。
あくまで、個人的なモデル化の案ですので、参考にしていただければと思います。
庇レベルが床の有る層と異なる場合は、剛床解除等、
設計者による工学的 判断による設定が必要になりますので、ご注意下さい。

以上、今後とも宜しくお願い致します。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~Meaning/load%20of%20canopy.pdf

 

「延び能力のあるアンカーボルトを用いた露出型柱脚設計施工指針・同解説 」の講習会報告。

 投稿者:asco  投稿日:2010年 4月17日(土)07時01分1秒
返信・引用 編集済
  「延び能力のあるアンカーボルトを用いた露出型柱脚設計施工指針・同解説 」の講習会報告。

1.のび能力のあるアンカーボルト(ねじ部断面積/軸部断面積≧降伏比 0.75)を使用した場合、

    終局限界状態において柱脚部が十分塑性化するまで、アンカーボルトが破断しないので

  実質的な意味での保有耐力接合となっている。

2.前項理由(検討するまでもなく、実質的な意味で保有耐力接合となっていること)より、

  ルート2またはルート1-2での柱脚の破断防止検討の際、アンカーボルトに関しては

  終局曲げ耐力(保有耐力接合)あるいは地震時曲げ応力のγ倍以上の耐力確認をする必要がない。

3.ただし、ベースプレートに関しては柱脚部の最大曲げ耐力に対して曲げ降伏しない(応力度がF値以下)

  ことを確認する必要がある。

  アンカーボルトの終局曲げ耐力は柱脚部の終局曲げ耐力の(重層構造物では 40% 、中小小屋物では 20 % )

  程度を目標として、アンカーボルトを選定し、その終局曲げ耐力に対して、ベースプレートが

  曲げ降伏しないことを確認する必要がある。

4.終局剪断耐力に関しては、鋼構造接合部設計指針と同様、柱脚の終局剪断耐力が柱脚部の終局剪断耐力の

  α倍の確認が必要。

5.側面剪断破壊防止、コーン状の破壊防止等の仕様規定等についても計算による裏付けをする必要があり

  計算をする側の作業量に関しては、既製品柱脚以上のメリットがあるようには思えませんが、

6.既製品柱脚でない露出型柱脚を採用するには、この指針に基づき、設計施工する必要があるということを

  啓蒙し、「のび能力のあるアンカーボルト」の名の下に計算や施工が野放しにならないよう

  既製品以外の露出型柱脚の施工に関する製作施工管理組織ができたことを周知させる講習会のようです。http://www.sasst.jp/

7.JSS規格(1年後にJIS規格となる予定、JIS化後も現行規格の変更はない)アンカーボルトを

  使用した柱脚ヒンジタイプ柱脚と既製品柱脚との競合は審査側、適判の対応が鍵となりそうです。

8.当面は規模による棲み分けで様子見でしょうか。

9.独断、偏見、先入観、を排除しきれない私見で釈迦に不要の説法とは存じています。

  理解不足、誤解、訂正他、お気づきのことをご指導下さいますようお願い申し上げます。

  不遜、僭越をご容赦下さい。

http://www.sasst.jp/

 

木造3階許容応力度計算

 投稿者:asco  投稿日:2010年 4月10日(土)21時20分32秒
返信・引用
  下記、当方の不明点につきまして星川様よりご回答をいただきました。

1.屋根面、床面の許容剪断耐力(kN/m)の数値の求め方、参照資料についてご指導下さいますようお願い申し上げます。

  「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」の水平構面の許容剪断耐力 Pa (kN) として

   Pa = [水平構面の床倍率]x [基準耐力 P。 ( = 1960 N/m)]x [水平構面の奥行き(m)]の式があります。

   この式より[水平構面の床倍率]x [基準耐力 P。 ( = 1960 N/m)]= 床面の許容剪断耐力(kN/m)

   にて求めればいいのでしょうか。

【そうです。 V5では(床倍率)の表現  V6では(単位せん断力)の表現です。 内容は同じです。】

2.水平構面の検討で算出された金物の取付位置

  検討方向の梁と直交する外周梁との接合部のみでいいでしょうか。

 (検討方向の外周梁のみでなく区画内の検討方向の梁の端部、直交梁との接合部も該当しますか)

  隣接区画との区画同士の接合部の金物ついてはどのように対処すればよいのでしょうか。

【目的は、床を構成する外周部の(仕口)(継ぎ手)の引張力に対して対応できる金物を選択することです。外周部のことを算出しています。】

講習の後で計算結果出力を見比べながらどこの部分がどこに取り付ける金物かを確認していただけるとありがたいです。

3.青本仕様の計算はVer.6.0ではできないため、Ver5.35を使用することになりますが、

  Ver.6.0⇔Ver5.35のデータ相互変換を可能にして下さいますようお願い申し上げます。

【(青本)は、考え方が分かりやすいのですが、今後 3号建築や長期優良では、使用しません。
4号建築のみが対象となると考えます。 将来V6に(青本改良版)を追加する予定です】

4.柱、梁の配置はありませんが、土台のみを配置するために通りを追加したら支障がありますか。

【支障ありません】

5.切妻屋根の軒の出が、北側300 、南側 1100 となる場合、軒の出は(0.1)として入力し、片持床で入力、計算しました。何か支障があるでしょうか。

【ありません。 それであれば軒の出を(0)にした方が良いのでは、他に(0.3)として不足分を(線荷重)で補足する方法もあります】

6.めり込み対策として、あわせ柱を採用した場合の柱同士の接合方法の参考図または検討方法。

【建築学会の書籍にボルトの間隔等がのっています。 しかし、(めり込み)の為なら(土台プレート タナカというメーカーから販売しています)の方が簡単ではないですか?】

7.Zマーク金物の場合、CP-L。CP-Tの短期許容耐力が同じで出力(それでいいのですが)

  許容応力度計算でCP - L 4.31とCP - T 5.07 と異なる耐力がZマーク金物の後に出力されます。

  同等耐力以上のものを使用すると記述するか、あるいはCP - T は使用しないことにします。

【グレー本では、短期耐力の1.5倍の数値を記載しているのみです。 根拠は、釘打ちのせん断力が短期の1.5倍から2.0倍が終局とのことです】

8.床下点検口開口部分に生じる応力に対するスラブ補強は標準配筋でいいでしょうか。

【計算で算出している事例は、ありません。 良いのではないでしょうか。】

9.120角の柱に120角の柱を密着(添え柱)して外壁面に段(延長1.0 m 程度)をつけた化粧壁および柱の扱い。

  耐力壁を配置しない場合は入力省略してもいいでしょうか。

  入力して構造用合板やすじかいを配置してもいいでしょうか。

【星川なら無視します。 書籍に事例が無いです】

10.引き抜き金物が3階柱頭まで、1階もかなりの数でびっくりしました。
 

H形鋼柱の場合、保有耐力時に座屈(Mcr)を考慮しないのはなぜ

 投稿者:近行様  投稿日:2010年 2月23日(火)07時44分18秒
返信・引用 編集済
  【質問】
保有耐力時にH形鋼柱の場合、座屈(Mcr)を考慮しない(概要編192ページ)のはなぜでしょうか?
CM(モーメント勾配)の考慮により安全側となる可能性のため?

【構造システム回答】
柱の場合には,解析中に軸力が変動しMuが変化するため座屈耐力を各ステージで
計算を行いながらMcrを出す必要がありますが、
現在は、解析中に座屈耐力の計算を行っていないため考慮しない計算になっています。
今後の対応予定にはなっていますが、対応時期は未定となっています。
何卒、ご了承ください。
そのため、現状では設計者の方に別途、座屈による耐力低下を考慮した耐力を算出していただき、
下記入力方法での対応になるかと思われます。
[許容応力度等]-[保有計算一モデル化]-[[柱・壁のM-N関係直接入力]で、M-N関係を
入力していただき「関係番号」を[部材耐力の直接入力]の[柱耐力]タブの
「軸パネ定義、M-N関係番号」に入力します。
また、上記設定時の各入力項目のダイアログが表示されている状態で
キーボードのF1キーを押していただくとヘルプが表示されますのでご参照ください。
今後とも宜しくお願い致します。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~Meaning/bp%20at%20buckling.pdf

http://www5f.biglobe.ne.jp/~Meaning/bp%20at%20buckling.pdf

 

ご挨拶

 投稿者:設備手帳管理人  投稿日:2009年11月 1日(日)00時26分53秒
返信・引用
  お忙しいところ、恐れ入ります。
設備手帳というサイトを運営しております。
設備手帳は、建築設備(空調・衛生・電気設備)の技術者、業界関係者向けに特化した情報サイトです。宜しくお願いします。

http://www.setubitechiyou.com/

 

フォ-クリフト走行スラブ

 投稿者:asco  投稿日:2009年 8月 5日(水)20時05分5秒
返信・引用
  スラブ設計読本より抜粋しました。

フォ-クリフト走行スラブ 1990 / 3
http://www5f.biglobe.ne.jp/~Meaning/forklift%20slab.pdf

1,2方向スラブ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~Meaning/1%20or%202%20way%20slab.pdf

「建築構造設計便利ネット」過去の会議議事録 No.119 より

機械設計掲示板
http://www.kikaikaihatu.com/bigindex/index50.shtml

R >□にペケ   フォントをWingdings2にしてR大文字を打てば書けます。

http://www.kikaikaihatu.com/bigindex/index50.shtml

 

ライフパークのパソコン講座

 投稿者:asco  投稿日:2009年 8月 5日(水)10時09分13秒
返信・引用 編集済
  マニュアル片手に自力で新規のことに挑むのは時間がかかりすぎて、効率的ではありません。

とっかかりを誰かに教えてもらえば、あとはマニュアルで先に進めます。

ライフパークのパソコン講座は受講料はただ同然の格安ですが、ベテラン講師の教え方が上手で理解が進みます。

ホームページ、エクセル、VBA、その他の講座を800円 /1講座で受講させていただきました。

一般のパソコン教室に行けば少なくとも5000 x 5 = 25000 /1講座くらい必要でしょう。

ありがたいことだと思います。

必要に迫られ受講し、その後継続使用しているホームページとエクセルは身についたようです。

アクセスは1度受講していますが、受講後使用しなかったため全く思い出せません。

ぼけ防止とデータ検索を効率化する目的でアクセス受講を再度申し込みましたが、抽選です。

ライフパークパソコン講座
http://www.kurashiki-oky.ed.jp/lpk/lpkshimin/paso/paso2.html#4

http://www.kurashiki-oky.ed.jp/lpk/lpkshimin/paso/paso2.html#4

 

2方向偏芯基礎

 投稿者:asco  投稿日:2009年 8月 4日(火)11時08分3秒
返信・引用
  「建築構造設計便利ネット」過去の会議議事録No,9の下の方に2方向偏芯基礎の件に関する記述がありましたので報告いたします。

過去の会議議事録No,9
http://arc-structure.sakura.ne.jp/minutes09.htm

http://arc-structure.sakura.ne.jp/minutes09.htm

 

レンタル掲示板
/10