teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Miiverse無き後、プチコン3号はどうなるのか!?

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2017年 9月17日(日)14時06分2秒
編集済
  先日プチコン3号とプチコンBIGの価格が大幅に値下げされたにょ。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1079800.html

プチコン3号が従来の1000円から500円へプチコンBIGが3000円から1000円へと値下げに
なったにょ。
事前発表のない急な値下げのため値下げ直前に購入した人からは一部不満の声が上がって
いるもののそれ以外の人は値下げによる恩恵は大きいにょ。(買ってからたくさん楽しんで
いる人であれば十分元は取れているので値下げは気にならないと思う)
今までは価格面で購入を躊躇していた人も買いやすくなったし、すでに持っている人でも
2台目、3台目に導入しやすくなったにょ。
ファミ通のニュースでも採り上げられて値下げされてから購入した人もよく見かけるにょ。

さて、この値下げの背景にあるのは11月8日にMiiverseが終了するためにょ。
「Miiverse終了までにできること」ということで小林社長はすぐに実現可能な値下げという
選択肢を採ったにょ。(個人的には幅広い層に受け入れられるためには無料版のプチコン
3号が必要だと思うけど無料版を作るためにはコストも人材も必要であるためそれだけの
リソースがあれば他のことに使いたいとのこと)
プチコン3号は直接はMiiverseは関係ないもののそのソフトの性質上専用のコミュニティの
存在は極めて大きいからね。
3DS単体でアクセス可能で初心者が気軽に質問したり作品公開をしたりできるため利用者は
かなり多いのではないかと思われるにょ。

それに現状のプチコン3号ではスクリーンショットは基本的にMiiverse経由でないとでき
ないにょ。
そのため仮に他のSNS(twitter等も含む)やネットサービスを利用する場合でも気軽に
スクリーンショットを取れないため初心者が気軽に質問をしたり、自分の作品の紹介を
したりができにくくなるにょ。
もちろん、画面写真を撮影するとかWiiUのプチコンBIGを使うという方法を使えば可能
とはいえ現状と比べるとかなり厳しくなるにょ。
今後のバージョンアップでプチコン3号単体でのスクリーンショット機能搭載の実現の
可能性だけどNew 3DS専用にするならば問題ないけど旧3DSだとメモリが足らないため厳しい
という感じにょ。

さて、Miiverseのサービスが終了後にどこに行くかだけどこれは個人によって意見は
様々になっているにょ。
多くの人が行く先としてはtwitter、プチコンまとめwikiがあるにょ。
twitterは一度に140文字までしか投稿できないため作品置き場としての活用は難しく
自サイトをすでに持っている人(もしくは今後作る予定の人)を除けばプチコンまとめ
wikiなどとの併用がベターかもしれないにょ。
プチコンまとめwikiの管理人であるほしけん氏はMiiverse風の掲示板を現在制作中との
ことだけど3DS単体でのアクセスやスクリーンショットの問題を考えると見た目をいくら
Miiverseに近づけても利用しやすさという面では厳しいかもしれないにょ。
作品公開のしやすさという面ではプチコンまとめwikiは(投稿の方法さえ覚えれば)
易しいものの)wikiの特性上の第三者に手によって自由に編集が可能であるため投稿
したコンテンツを勝手に書き換えるいわゆる「荒らし」が過去に何度も出ているという
問題を抱えているためそういう面では基本的に本人しか書き換えられない自サイトの
方が有利になると思われるにょ。
ただし、自サイトを作るのは自分のPCを持ってない小中学生にとってはハードルが
高いにょ。


私は現在Miiverseとtwitterをメインに活動していて作品の公開という面においては
自サイト(おちゃめくらぶ)の方はそのまとめを記載しているに止まっているにょ。
プチコン3号入門講座に関しては自サイトであるというのを活かして非常に濃い内容に
しているけどMiiverseが無くなったら利用者も増えることを想定して早期完成させたい
ところにょ。
とはいえ、プチコン3号入門講座を始めとする自サイトのコンテンツはMiiverseへの
リンクを貼っているものも多くMiiverseは11月8日に終了したらリンク切れとなって
しまうためその対策も行う必要があるにょ。(11月8日にサービスが終了してもまず
最初に書き込みが終了してその後で数ヶ月後に閲覧もできなくなるという段階を踏んで
サービスを終了してくれれば楽だったのだけどサービスを終了と同時に閲覧もできなく
なるというのはかなり厳しい)
とりあえず、Miiverseでしか公開していないプログラムも多数あるのでそれを早急に
何とかしたいところにょ。

11月8日というタイムリミットがあるためできる限りのことはやっておきたいにょ。
ということでメイン開発機でありながら最近調子が悪いNew 3DS LLからNew 2DS LLに
買い換えたにょ。
https://twitter.com/ochame_nako/status/908708990552387584
これでトータル5台目のプチコン3号専用機にょ。
開発もこれで捗りそうにょ。

New 2DS LLのスペックは下記のような感じにょ。

       New 2DS LL     New 3DS LL     New 3DS
本体サイズ 159.36x86.36x20.8  160x93.5x21.5   142x80.6x21.6
重量      260g        329g        253g
画面サイズ 4.88inch+4.18inch  4.88inch+4.18inch 3.88inch+3.33inch
税別定価    14980円      18800円       16000円

基本性能は裸眼立体視による3D機能が無い以外はNew 3DS LLと同じとなっているにょ。
(LLなので画面サイズも同じ大きさ)
大きな違いといえばサイズや重量にょ。
https://twitter.com/ochame_nako/status/908709506967773185

New 2DS LLの奥行きのサイズは数値以上に小さく感じるにょ。
何せ突起部分を除けばLLではないノーマルのNew 3DSとほぼ同じ大きさだからね。
New 3DS LLと比べると格段にスリムとなっているにょ。
それでいて重さもNew 3DS LLよりも大幅に軽量化されていてノーマルのNew 3DSより
少し重い程度となっているにょ。(体感的にはほぼ同じ重さに感じるしNew 2DS LLは横幅が
大きい分だけ見た目よりも軽く感じてしまう))
さらに価格もLLなのにノーマルのNew 3DSよりも安価にょ。
というわけで、New 2DS LLの発売前にノーマルのNew 3DSは生産が終了したにょ。
どうしても「3D」は必要でコンパクトサイズを望んでいるならば店頭在庫があるうちに
買っておいた方が良いかもしれないにょ。

私はスリム&軽量のNew 2DS LLは発表された時点で興味はあったもののこんなにすぐに
買うつもりはなく「ピンクが発売されたら買おう」という程度に思っていたにょ。
しかし、Miiverseのサービス終了が発表されてそれまでのタイムリミットも短く、さらに
メイン開発機であるNew 3DS LLの調子が悪い(液晶が割れている、マイクが正常に反応
しない)という問題を抱えていて開発効率が下がっているため今回は色は妥協して
買ったにょ。
New 2DS LLはデザイン面など気に入らない部分も多いけど今まで調子が悪い本体がメイン
開発機だったのに加えてスリム&軽量というすごく大きなアドバンテージまであるので
すごく快適になりそれなりには満足できているにょ。
 
 

レスにょ

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2017年 9月17日(日)14時05分10秒
  Syamu_gameさんへ

報告どうもにょ。あとでプチコン3号のユーザー識別コードのページに追加しておくにょ。


天郷思音さんへ

プチコン3号の値下げはMiiverseの終了と密接な関係があるためそれについて書いてみたにょ。
天郷思音さんがtwitterで鍵垢になってからすっかり絡む機会が減ってしまったにょ。


みほさんへ

身バレしたらまずいようなことはすでに書いてないから大丈夫ではないかと思うにょ。(私の
場合は身バレしたら非常にヤバいことをたくさんやっているけど)
twitterだけの話ならばいざとなったら鍵垢にするという方法もあるけどね。
 

(無題)

 投稿者:みほ  投稿日:2017年 9月16日(土)15時40分34秒
  プチコンが値下げになったので弟のDSに勝手に入れようかと思ったけど、私がネットでやっていることがバレるのではないかと思い、こわくなった…  

(無題)

 投稿者:天郷思音  投稿日:2017年 9月 9日(土)19時10分1秒
  プチコン値下げの話題が出てない

というか人が来てないだけなんだけど
 

まだ登録されてない人の識別コード

 投稿者:Syamu_game  投稿日:2017年 8月18日(金)22時54分6秒
  CCP_ コーンクリームポテトさん
HI_ ひろさん
HSKN_ ほしけんさん
SPK_ スピーカーさん

人物では無いですが、TH_またはTOUHOU_は東方project関連の物によく付けられています。
 

おちゃめくらぶの夏コミ新刊は「プチコン3号 裏マニュアル」にょ

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2017年 8月11日(金)07時25分20秒
  本日から3日間夏コミ(コミックマーケット92)が開催にょ。
もちろん、今回も私はプチコン関係の新刊を用意したにょ。
今回の新刊は「プチコン3号 裏マニュアル」にょ。
プチコン3号の裏技を独自の方法で調べたものを1冊の本にまとめたものにょ。
http://ochameclub.web.fc2.com/CLUB/ochame.htm#dojin

プチコン3号はマニュアル(ヘルプ)に記述されてない使い方や記述されてない仕様が結構
あるためそれをいつかまとめてみたいなと思っていたのだけどなかなかその機会(時間)が
無かったので今回「同人誌」という形でまとめてみたにょ。
普通にWeb上で公開すれば良いのではと思うかも知れないけど実際のところ今まで私が
Miiverseやtwitterで書いてきたものをまとめたものなので私のフォロワーだったら知って
いるようなものばかりかもしれないにょ。
それでも、ファロワーではない人やフォロワーだけど細かくチェックしてない人だと初見の
項目も結構あると思うにょ。(もっともすでに広く知れ渡っているようなものもあるので
そこまで初見の項目が多いかは疑問だけど)

今回も直前はほとんど休みが取れなかったので原稿書き、編集、製本まで1日で行うという
ことやっているにょ。
こんなことができるのもコピー本の醍醐味といえるにょ。
とはいえ、校正にもほとんど時間をかけてないためミスもそれなりにあるかもしれないけど
もしもミスを見つけた場合はぜひ報告して欲しいにょ。
私が過去に調べたものを書いているため原稿書き自体は非常にスムーズだったものの実際に
まとめたものが手元にあったわけではなく記憶と私が書いているプチコン3号講座をを頼りに
書いているため相当数の抜けがあると思われるにょ。
あとで気づいたものに関してはサポートページに記載予定なので「この項目は間違って
いるよ」とか「(掲載されてない)こんな裏技もあるよ」とかいう人は遠慮無く言って
欲しいにょ。

肝心の新刊の頒布場所だけどいつものように「まりも友の会」様のスペースに委託して
いるにょ。
ちなみに委託場所は本日(8月11日)となっていて場所は東す-42aにょ。
詳しくは上記のリンク先に書いているのでそれを見て欲しいにょ。
会場でこの本を見かけたらぜひ手に取ってみてにょ!
 

レスにょ

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2017年 8月11日(金)07時23分44秒
  マリモーマさんへ
>インテル『Core i9』スペック情報リーク!最上位は12コア24スレッドの化け物CPU爆誕
>ハイスペック過ぎて使い道なさそう

私も欲しいけど宝の持ち腐れになりそうだしお金の無駄になりそうにょ。
それを買うならばミドルスペックのPCが1台組めてしまうにょ。

>ハイエンドCPU「Ryzen Threadripper 1950X」国内予約が8月4日から開始!価格がやばすぎるwwww

スペックを考えると安いけどさすがに手が出ないにょ。
 

(無題)

 投稿者:マリモ―マ  投稿日:2017年 5月14日(日)02時22分55秒
編集済
  インテル『Core i9』スペック情報リーク!最上位は12コア24スレッドの化け物CPU爆誕
http://blog.esuteru.com/archives/20013419.html
噂のCore i9シリーズ5モデルをインテルが発表。12から18コアを備えるデスクトップ向け最上位CPU
http://japanese.engadget.com/2017/05/30/core-i9-5-12-18-cpu/

ハイスペック過ぎて使い道なさそう

---------------------------
山口県のストリートビューに変な人がいるみたい
http://blog.esuteru.com/archives/20015421.html

---------------------------------
ハイエンドCPU「Ryzen Threadripper 1950X」国内予約が8月4日から開始!価格がやばすぎるwwww
http://jin115.com/archives/52186202.html
 

すごい

 投稿者:イメージ  投稿日:2017年 5月 2日(火)15時18分20秒
  すごい  

ニコンD7000をゲット

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2017年 5月 1日(月)01時50分55秒
編集済
  新しいデジタル一眼レフをゲットしたにょ。(買ったのは3月だけど)
買ったのはニコンD7000で中古で29800円だったにょ。
https://twitter.com/ochame_nako/status/838439289079812096

私はニコンFマウントとペンタックスKマウントの2マウントを保持している(銀塩では
キヤノンFDマウントだった)けどニコンの方はD50(2005年の製品)、ペンタックスの方は
K200D(2008年の製品)ということで非常に古い製品にょ。
それでも、K200Dの方は現時点でも実用に耐える画質とはいえD50の方は古さを感じていたため
数年前から買い換えを検討していたにょ。
とはいえ、「買うならやっぱり中級機」と思っていたけどボディだけで10万円超というのは
なかなか手が出せずにいたにょ。

さて、私は一眼レフ(最初に買ったのはキヤノンA-1)を使い始めてから今年で30年になるけど
30周年ということでそろそろいい加減新しいデジタル一眼レフを買いたいと思っていたら
D7000も思っていた以上に中古が安くなっていたためこれを機会に購入したというわけにょ。
中級機とはいえ2010年の機種なのでそれなりに古さはあるけどD50との比較をしてみると8bit
パソコンに例えたらPC-8001からPC-8801mkIISRに買い換えたくらいの大きな進化があるにょ。
(この例は分かる人にしか分からないけど)

                            今回買ったのはこれ
                               ↓
        2005年  2006年  2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
  中級機 ニコンD70s → D80 → → →  D90 → →  D7000 → →  D7100
  入門機 ニコンD50  → D40 → D40X → D60 → D5000 → → D5100 → D5200
        ↑
     今まで使っていたのはこれ

デジタル一眼において「入門機」というのが使われ出したのはD50の頃にょ。
それまではデジタル一眼といえば高価なものばかりでボディで定価10万円超えは当たり前
だったけどD50は定価で10万円を切る低価格だったにょ。
その後、どんどん低価格化は進み今ではダブルズームでも入門機の買いグレードD3000番台は
定価は10万円切っているにょ。(型落ちになるとダブルズームで実売4万円程度まで下がる)
この低価格化こそがデジタル一眼の普及に大きく貢献したにょ。

しかし、低価格化で切り捨てられている部分があるにょ。
ニコンの場合はデジタルに変わっても銀塩(アナログ)からマウントを引き継いでいるの
だけど入門機はその古いレンズとの互換性を削っているにょ。(接続はできるけどまともに
使うことはできない)
例えば、ニコンの場合はAFは元々本体(ボディ)内のモーターで動かしていたにょ。
それが、AF-Sになるとそれまでは一部のレンズにしか内蔵されていなかったモーターが
すべてのレンズに内蔵されるようになったにょ。
そうなったらボディ内のモーターは無くても問題はないためD40からは入門機のボディ内の
モーターは削られたにょ。
そのため古いレンズでAFを使おうと思ったらD40からは中級機以上を買うしかなかったにょ。
入門機では「単にAFが使えない」というレベルの問題ではなくMF時代のレンズだと内蔵露出計
そのものが動作しない(レンズに内蔵されたCPUを元に露出を計算しているためCPUを内蔵
していないレンズを使用時に露出制御を行う仕組み自体がないため)ということで事実上
入門機では古いレンズは全く使えないという感じにょ。(そういうレンズを使う機会が無い
ならば何ら気にすることはないけど)

中級機といっても昔はそういう呼び名があったわけではなくD90の頃からそのように
呼んでいたにょ。
中級機は入門機ではコストのため削られてしまった上記のモーターに加えてファインダーは
高コストとなるペンタプリズムが採用されボディの設定ダイヤルも2つ(基本的に絞り用と
シャッター速度用に使用)用意されているにょ。
D7000からはそして防塵防滴やメモリーカードのダブルスロットなどの使い勝手を向上させる
仕組みが採り入れられているにょ。
さらに連射速度等やフラッシュのシンクロ速度等の基本性能も入門機よりも優れているにょ。
デジカメの場合はセンサー性能、画像処理エンジン性能が画質に大きな影響を与えるため
同じセンサーサイズならば基本的に新しい機種の方が高画質であるため同じ予算であっても
画質で選ぶならば古い中級機よりも新しい入門機がベターだけどカメラとしての基本性能を
選ぶならば新しい入門機よりも古い中級機の方がベターとなるにょ。
ちなみにD7000は7年前の古い機種とはいえSDXC(UHS-I)対応のダブルスロット搭載だし、
39点AFということで前機種のD90と比べて大幅な性能向上が図られているため現役としても
十分使えると思うにょ。

買った時点では2世代前の機種(D7000→D7100→D7200)だったけど今月に入りそのさらに
次の機種であるD7500が発表されたため3世代前になったにょ。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1054302.html

とはいえ、私はD7000を十分安価な価格で購入したためD7500発表の影響はないにょ。
これがD7200だったら最新から型落ちへと変わるため価格的にも気分的にもあまり良い感じは
しないけどね。(数ヶ月前からD7500発売の噂自体はあったのでそれを考慮して買うならば
問題はないけど)


D7000を買ったのはD50では画質面に不満を感じることが多くなったためだけどこれは高感度時
においては特に顕著だったからにょ。
D50では最高でISO1600までしか設定できなかったけどISO800くらいが許容限界だったにょ。
これが、D7000ではISO25600(HI2)まで設定可能になったにょ。
さすがにそこまで上げると厳しいものがあるけどISO3200くらいまでは許容が可能(D50の
ISO800レベル)となったにょ。
それに画質が落ちてもISO6400とかISO12800とかで撮影できるのは心強いにょ。

それからD50では画質だけではなく連写性能も不満を感じていたにょ。
3コマ/秒でRAWだと3カットしか撮影できないというのはスポーツや飛行機などの動き物を
撮るにはあまりに貧弱だからね。
これがD7000では6コマ/秒で撮影可能になったにょ。
とはいえ、手持ちの望遠レンズはタムロンの型落ち品の入門用(新品の実売約1万円)という
安物なのでAFも遅く手ぶれ補正機能も無くとても動きものには使えないため本体と合わせて
動き物撮影用にレンズも新調したにょ。

https://twitter.com/ochame_nako/status/838439994171654144
https://twitter.com/ochame_nako/status/838440396246044672

買ったのはシグマ120-400mmF4.5-5.6APO HSMにょ。
タムロンの望遠ズームは望遠側が300mmで少し弱かったのでやはり400mm(換算600mm)は
欲しいしF5.6より暗くなるのは嫌(ファインダーが見辛くなるしAFも効きにくくなるため)
ということで同じシグマの150-500mmF5.6-6.3と迷って120-400mmの方を選んだにょ。
それに価格面も29800円ということでお買い得だったからね。(150-500mmより1万円以上
安かった)

というわけでテスト撮影した結果がこれにょ。
https://twitter.com/ochame_nako/status/840914994598354945

やはり、このクラスで手ぶれ補正がないのは厳しいということで手ぶれ補正付きにしたの
だけど手ぶれ補正は過剰な期待は禁物にょ。
公称4段だけど実効では2段程度しかないような気もするにょ。
それでも無いよりは遙かにマシにょ。
ペンタックスKマウントの方はシグマのMFレンズ(シグマ TELE PHOTO 400mm f5.6)を使用して
いるけどMFレンズとはいえペンタックスはボディ無いに手ぶれ補正があるため何とかまともに
使えているにょ。
キヤノンA-1では60-300mm F4-5.6に2倍テレコンを付けて600mmF11のレンズとして撮影していた
頃は手ぶれしまくりでまともに写った写真はほとんど無かったのを考えると手ぶれ補正の
効果は抜群といえるにょ。(それにF5.6とF11では2段違うし、ISO感度も1枚ごとに設定が
可能なデジカメの方が圧倒的に有利だし)

というわけで、まだ新しく買ったD7000と望遠レンズを十分に発揮できる写真は撮ってない
ものの従来は撮影を諦めていたようなシチュエーションでも撮影が可能になったためかなり
心強くなった感じにょ。
 

レンタル掲示板
/255