teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2018年あけましておめでとうございます

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2018年 1月 1日(月)18時28分18秒
編集済
  新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ということで、毎年恒例の無駄使いチェックにょ。
2017年購入した1万円以上の主なデジタル機器をまとめてみたにょ。

1月 スマホ AQUOS Xx3 93120円(実質42720円)
https://twitter.com/ochame_nako/status/947762670274351105
3月 デジカメ Nikon D7000 29800円(中古)
https://twitter.com/ochame_nako/status/838439289079812096
3月 レンズ シグマ 120-400mm F4.5-5.6 35800円(中古)
https://twitter.com/ochame_nako/status/838439994171654144
4月 2in1 PC Surface Pro 2 29800円(中古)
https://twitter.com/ochame_nako/status/853234293396488192
9月 ゲーム機 New ニンテンドー2DS LL
https://twitter.com/ochame_nako/status/908708990552387584
12月 プリンタ EPSON EP-880AR 22800円(新品)
https://twitter.com/ochame_nako/status/944560413139550208

これ以外にもモバイルバッテリやHDDなどを購入しているにょ。

AQUOS Xx3は前に使っていたAQUOS CRYSTALを2年以上使い続けて結構ボロボロになったのと
スペック不足(主に内蔵フラッシュメモリの不足)で買い換えたにょ。
購入するならばピンクということでこの機種になったにょ。
Jフォン時代のJ-SH03以降ずっとシャープの端末を使い続けているにょ。

D7000は2010年のモデルということで古い機種ですが、D50(2005年の機種)からの買い換え
なので大幅なスペックアップにょ。
PENTAXのK200D(2008年の機種)も持っているとはいえPENTAXの最大の弱点はレンズが少な
すぎる(地元ショップの店頭には純正レンズさえなく、互換レンズはネット通販であっても
ほとんど選択肢がない)というのが難点だったにょ。
120-400mm F4.5-5.6は航空祭等で大活躍してくれたにょ。
最近は明るさをF6.3にして小型軽量化をした400mmズームも発売されているけどそれと比べて
明るくて安いというのが大きなメリットとなるにょ。(定価は最近のF6.3ズームの方が安い
けど中古価格は新しい分だけ高い)

Surface Pro 2はお絵かき用のPCとして購入したにょ。(通算37台目のモバイルPC)
お絵かき用としてはAtom婆(VersaPro PC-VJ24VT)やHP Elitebook 2760pを使っていたけど
Atom婆はCPU(Atom Z3795)やメモリ4GB)が心許ないし2760pは画面がWXGAというのが狭い
のでフルHD以上、Core i5以上で安価なワコム製デジタイザ搭載機ということでこの機種に
なったにょ。

New 2DS LLはプチコン3号用に買ったのですが、すでに3DS系のゲーム機は4台(旧3DS
New 3DS 、New 3DS LL、2DS)持っているにょ。
旧3DSはプチコン3号の初期バージョンでの動作確認用、2DSは旧3DSでの動作確認用で
New 3DS LLがメイン機でしたが、画面破損で一部が見えなくなったため買うならば同じ
New 3DS LLではなく小型軽量になったNew 2DS LLが良いと思いこれを選択したにょ                      。
この軽さは使っていてすぐに分かるレベルなので良い買い物をしました。

EP-880ARは冬コミで頒布した「プチコン3号QSP究極完全マニュアル」の印刷用に買って
大活躍してくれたにょ。
ぶっちゃけ、安くなっていた前モデルのEP-879Aでも何ら問題はなかったのですがすでに
地元ショップの店頭からは消えていてこの最新モデルしか選択の余地がなかったにょ。


これによって、普段持ち歩いているモバイル機器も1年前とはかなり変わったにょ。
昨年末現在の私が普段持ち歩いているモバイル機器はこんな感じになっているにょ。
https://twitter.com/ochame_nako/status/946973235148595200
上記の2017年購入機器のうちスマホとNew 2DS LLが日常モバイル機器に入っているにょ。
Surface Pro 2はインチ数的にはCF-J10の置き換えも想定されますが、実際はヒンジがない
ことやキーボードカバーのキーボードの出来がイマイチ(特にタッチパッド部分)という
ことで残念ながら置き換えには至らなかったにょ。
個人的にはモバイルノートは10インチクラスがベターと考えているため大型化してしまった
現行のSurface Proシリーズは置き換えとしては論外にょ。
Let'snoteシリーズだとRZがペン対応になればCF-J10の置き換えには良い感じにょ。

私は、モバイル機器を下記のように3つに分類することで何を持ち出すかで迷うことを無く
しているにょ。

 ◎モバイルランクA ・・・ ポケットに入れて常時携行
 ◎モバイルランクB ・・・ バッグに入れて常時携行
 ◎モバイルランクC ・・・ は持ち歩く頻度が高い機器

ランクBは頻度が高いだけではなく「ハンドバッグに収まる程度の大きさ」というのが重要と
なるにょ。
それ以上のバッグが必要であれば必然的にランクCにょ。(ランクCまでは基本的に毎日持ち
歩いている)
D7000はさすがに毎日持ち歩く機器としては大きすぎるため「ランクD」(必要な時のみ持ち
出す機器)となっていにょ。
 
 

冬コミ(C93)で頒布の新刊のプチコン3号本が完成!

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2017年12月27日(水)13時23分38秒
編集済
  冬コミで新刊「プチコン3号QSP究極完全マニュアル」を頒布するにょ。
http://ochameclub.web.fc2.com/CLUB/ochame.htm#dojin
リンク先でも書いているように「妄碌庵」様への委託となっているにょ。
場所は1日目(12月29日 金曜日)東ク-02aのスペースだけど例年お昼前後に完売している
ためどうしても欲しいという人は早めに来た方が良いと思うにょ。

さて、これで私が作ったプチコン関係の本(個人発行の同人誌)も9冊目となるにょ。
https://twitter.com/ochame_nako/status/944885171836272640
今まで作った本に関しては下記のリンク先にも書いているけど9冊の内訳はプチコンmkII用
2冊、プチコン3号、BIG用が7冊となっているにょ。(ただし、7冊のものがすべてプチコン
BIGで動くことが確約されているわけではないため注意)

 ◎おちゃめくらぶ既刊案内
 http://ochameclub.web.fc2.com/CLUB/book.htm

さて、今回の本の内容ですが、過去に作ったQSP本と同じく最初は完成度が高いQSPを作る
ための方法を記載しているにょ。
そのためにはリスト短縮の知識が必要不可欠になるためリスト短縮のうち主なものをすべて
羅列しているにょ。
このリスト短縮法というのは無数に存在するけど今回は今までさらっと流してきた
浮動小数点表記による短縮、定数リテラルによる短縮の解説を書き加えているにょ。

この辺は過去に作ったQSP本と流れは概ね同じにょ。

 ◎夏コミ(C88)新刊のプチコン3号本が完成!
 http://6407.teacup.com/ochame/bbs/4984


 ◎冬コミ(C89)新刊のプチコン3号本が完成!
 http://6407.teacup.com/ochame/bbs/5019

リンク先を見て貰うと当時の苦労話やなぜその作品を解説のターゲットにしたのかが
よくわかると思うにょ。

QSPというと(改行も画面内に入れた場合)最大293文字という文字数制限があるのだけど
そのため「QSPというのは短いプログラム」というイメージが先行してQSPはコードゴルフの
ように短さを重視するものという考えを持っている人が多いかと思うにょ。
しかし、QSPとコードゴルフというのは本質的に異なっているにょ。
今回はコードゴルフを引き合いに出すことで従来とは若干趣を変えてみたにょ。
では、コードゴルフとQSPではどのように異なるかというとコードゴルフはミニマム的な
考え、QSPはマキシマム的な考えで作られるという点にょ。
例えるならば、遠足で「おやつは250円まで」という場合に駄菓子屋で一番安いものを買う
のがコードゴルフ的な考え方であり、250円で買える範囲内での最高のものを買うのがQSP
的な考え方であるためにょ。

これが特に制限を設けない普通のプログラムであれば「おやつは500万円まで」(使用可能な
メモリの限界)みたいな感じになってしまいまさに制限がない状態になるにょ。
この状態だと1000円で買った人は100万円で買った超豪華なおやつを見て単純に費やした
お金でおやつの種類が変わってしまうため良いおやつを買うにはたくさんのお金が必要と
いう考え(要するに見た目をゴージャスにして多機能、高性能なものを作らないと良い
ものにならないという考え)になりがちなのに対して上限が250円であれば誰が買っても
同じようなおやつになるかと思いきや人によって「こんな組み合わせもありなのか」という
ものを買う人もいるにょ。
限られた予算では購入した金額が重要なので平常時138円のポテチを78円で買えば60円の
節約になるにょ。
これがリスト短縮の考え方にょ。

しかし、それならばポテチを3つ買えば満足できるのかというとそうではなくチョコも
欲しいしキャンデーも欲しいしという感じの様々な発想が出てくるにょ。
自分が何を欲しているのかを理解してそれを形にするというのがQSPの本質であり
それがコードゴルフとの最大の違いと言えるにょ。
コードゴルフであれば同じものを安く買う(プログラムを短くする)のが目的なのに
対してQSPはただの手段でしかないということとにょ。
おやつを買う場合に予算250円でいかに最大限の幸福を得られるかがQSPの本質であり
いかに安くかえたかが重要なそこがコードゴルフと最も大きくことなる部分にょ。
完成度の高いQSPを作るためにはこの「最大限」という「マキシマム的な考え」をまずは
必要になっていくわけにょ。(完成度の高いQSPではなくQSPであれば適当に250円で買える
範囲内の何かを買えば良いのでQSPを作ること自体は非常に簡単にできる)

その考え方を実際に分かるために私はQSP本を作る際には実際に私が作ったQSPを用意して
そのプログラムを作るための流れを解説しているにょ。
おやつの例えだけで完成度の高いQSPが作れるという人はほとんど居ないと思うためやはり
具体例がないと厳しいと思うにょ。

この具体例として実践編では毎回3タイトル程度のプログラムの解説を行っているにょ。

◎プチコン3号QSP完全マニュアル PART 1

 ・PETIT 100M QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp.htm#100m
 ・音姫~サウンドプリンセス~QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp.htm#oto
 ・PETIT PAINT QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp.htm#oto

◎プチコン3号QSP完全マニュアル PART 2

 ・連射計測QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp.htm#swt
 ・PETIT BAN QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp.htm#ban
 ・SIMPLE PAINT QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp.htm#spnt

◎プチコン3号QSP究極完全マニュアル (新刊)

 ・PETIT PAINT 2 QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp2.htm#pnt2
 ・簡易毛筆2 QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp2.htm#fd2
 ・簡易地球儀QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp.htm#glb
 ・簡易GPS QSP
  http://ochameclub.web.fc2.com/petitcom3/soft/qsp2.htm#gps

今回は4タイトルの解説を行っているわけだけどそれには理由があるにょ。
「PETIT PAINT 2 QSP」と「簡易毛筆2 QSP」は私のQSP制作技術をすべて注ぎ込んで作ったもの
(2年間掛けて地道に改良を重ねていったもの)というのもあるし上記のコードゴルフとの
違いを説明しやすいため具体例として解説するのに相応しいと判断したにょ。
この2作品は姉妹作品みたいな感じで両者は密接な関係になっているため全く別の作品よりも
解説を書きやすいというメリットがあるにょ。(説明するべき部分が共通化している部分が
多いため)

あとの2作品に関しては今回は投票で決めたにょ。
https://twitter.com/ochame_nako/status/934753100061016065
これを見てのように「簡易地球儀QSP」と「簡易GPS QSP」が同率1位になったにょ。
2作品くらい予定していたのでこのアンケート結果によって「簡易地球儀QSP」と「簡易GPS
QSP」の2作品にすることが決定したにょ。
ぶっちゃけ私が作ったQSPならばどれも詳しく解説が可能なのでどれでもいい(今回はすでに
「PETIT PAINT 2 QSP」と「簡易毛筆2 QSP」だけで「完成度の高いQSPを作るための方法」は
解説が可能だと判断したため)のだけどそれならば要望が多い作品の方が良いだろうという
ことでアンケートにしたにょ。
作る前にそういう判断ができたのもすでに過去にQSP本を作りそれで流れが把握できていた
のが大きいにょ。(PART 1のPETIT PAINT QSP、PART 2のSIMPLE PAINT QSPの解説をベースに
書くことが決まっていたのでこれを今回の本を読めば私が2年以上かけてようやく達することが
できた領域に誰もがすぐに到達ができる)

今回すでに2冊作っているQSP本の3冊目を作ろうと思ったのはやはり「PETIT PAINT 2 QSP」の
完成によるものが大きいにょ。
単色だったPETIT PAINT QSPをカラー対応にするにあたって何度もチャレンジしてみたけど
すべて玉砕していったにょ。
2年前の私にとって限界に挑戦してできたのがSIMPLE PAINT QSPにょ。
このSIMPLE PAINT QSPは機能面でいえばPETIT PAINT 2 QSPとほぼ同じなのだけどPETIT
PAINT QSPの最大の特色である「ブラシの大きさに連動したカーソル」が付いたキレイな円形
ブラシが削られてしまったにょ。
当時はこれはどうしようもないことであり、カラー対応という恩恵を考えるとやむを得ない
ことと考えていたにょ。

しかし、幾度の試行錯誤を積み重ねて1年以上かけてようやくPETIT PAINT 2 QSPが完成
したにょ。(簡易関数電卓QSPのフルバージョンは概ね同等の機能を搭載しているけど簡易
関数電卓QSPのフルバージョンの公開が1年以上遅れたのはこの機能が完成しなかったせい)
「この部分はこれ以上は短くできない」が例えばWHILE T>1>Qとするだけで(PETIT PAINT
QSPの変数の取りうる範囲に限り)見た目通りの判定が行われるということに気づき大幅
短縮のきっかけになってようやく作ることができたにょ。
これによって2年前に作った「プチコン3号QSP完全マニュアル」で書かれているQSP制作の
ための知識が完全に過去のものとなってしまったにょ。
したがって、2015年のQSP制作ではなく2017年のQSP制作について書いたものが必要では
ないかと考えて作ったにょ。
要するに「自分の知識や技術を書き残したメモ代わり」なんだけどやはり多くの人に知って
もらうことでQSPの技術向上を図りそれが結果として自分の更なる技術向上にも繋がって
いくと考えたわけにょ。

簡易毛筆2 QSPにおいてはQSPではない昨年末から今年の春にかけて開発した簡易毛筆の
制作が大きく影響したにょ。(現在はver.2.3.0)
これでにじみやかすれに対応する方法が分かったのでそれの「QSP化」という方向性が
見えてきたにょ。簡易毛筆ver.2系に搭載している「アルファチャンネル対応」でさえも
QSPで可能になってしまった)
それを実現できたのもPETIT PAINT 2 QSPができたことが大きかったにょ。
こうやって、作ったプログラムの1つ1つが密接に繋がっていって現在の私を構成して
いるにょ。


今回の本を作るにあたり困ったことに以前買ったプリンタ(というか複合機)EP-807AWの
調子が悪くノズルクリーニングをしても全然改善されないため今回また買い換えたにょ。
買ったのはEP-880ARにょ。(22800円で購入)
https://twitter.com/ochame_nako/status/944560413139550208
プリンタの基本性能の進化というのはここ数年停滞していて買い換えたら性能がびっくり
するほど良くなったということもなく買い換える前とあまり変わらない(印刷が少し速く
なったような感じがする)程度にょ。

今回の購入機種としてこの機種を選んだのはずっとエプソンを買い続けているというのが
大きいにょ。
したがって、エプソン内でどの機種にするのかという選択になるにょ。
店頭で売られているのはスタンダードモデルであるEP3桁シリーズ、ビジネス向けで
あるEWシリーズ、そして写真愛好家向けのEP2桁シリーズがあるにょ。

EWシリーズは黒が顔料インクで大容量インク「エコタンク」の採用で低ランニングコスト
となっているにょ。
エプソンのインクジェットプリンタは基本的に染料インクが採用されているにょ。
これはカラーの印刷がキレイに出やすいというメリットがあるものの耐水性、耐光性に
劣り普通紙ではにじみやすいというデメリットがあるにょ。
したがって、黒を良く使うビジネス向けでは黒のみにじみにくく耐水性に優れた顔料
インクが採用されているというわけにょ。(キヤノンのプリンタは基本的に全機種
黒は顔料インクなので普通紙を多用する人や黒色印字が多い人はエプソンよりも
キヤノンの方がオススメ)

EP3桁シリーズはスタンダードな機種だけど現行機種だとEP-880A、EP-810A、EP-710A
という3つのグレードがあるにょ。
定価換算だとそれぞれ3万円、2万円、1万円台半ばとなっていて予算に応じて選ぶだけ
という簡単なもので問題はないにょ。(オープンプライスなので定価は存在しないけど
これくらいの価格を想定してそこから2、3割の値引きしても利益が出せるような感じの
仕入れ値になっている)
確かに高い機種の方が印刷が若干速いもののそれほど極端な差はないにょ。
私がこのEP-880AR(最後のRはレッドのR)を選択したのは現行使用していた機種よりも
グレードを落としたくなかったためにょ。(今まで出来たことができなくなるのを防ぐ
ため)
型番的にはEP-810AはEP-807Aの後継機種に見えるけど実はそうではなくEP-880ARが後継
機種となっているにょ。

EP-880AがEP-807Aと比べて優れている点といえば幅がスリムになって設置性がアップ
したことにょ。
あとは廃インク吸収シートをユーザーの手で交換可能になったことにょ。
インクジェットプリンタというのは結構インクを「おもらし」しているにょ。
しかし、パンツ(本体)の中におもらしが一定量を超えると修理扱いになってしまうと
いう問題があるにょ。
そのため「おもらし吸収シート」を交換可能にすることでパンツを一定に保つことが
可能になるというわけにょ。

ただし、今回は緊急で買ったためインクジェットプリンタが一番高い時期に買って
しまったにょ。
インクジェットプリンタは例年年賀状シーズンよりも前の9月頃に新機種が発売される
ため9~10月は旧機種になったインクジェットプリンタは処分セールで非常に安く売られる
ことになるにょ。
定価3万円の機種が1万円台というのが普通にあるわけにょ。
プリンタを少しでも安く買いたいという人は1世代古くても性能はほとんど変わらないため
型落ちになった旧機種を安く買うのがベターであり、プリンタを買うならば9月~10月頃が
オススメといえるにょ。(11月、12月でもいいけど旧機種の在庫が無くなり次第終了なので
今回のように年末になってしまうとほとんどの店から旧機種が消えてしまい最新機種を買う
しかなくなってしまう)

さて、プリンタ本体を仮に安く手に入れたとしても次に訪れるのは高いインクにょ。
プリンタのインクは1g換算で100円近いという貴金属に近いレベルの価格相場となっている
のだけどこれはプリンタ本体を安く販売してインクで元を取るビジネスモデルとなって
いるためにょ。
そのため下手をするとローエンドプリンタの型落ち品の場合はプリンタ本体よりも替えの
インクの方が高いという逆転現象まで起きてしまうにょ。
昨今では安い互換インクがたくさん出回っているためそれを使うというのも1つの方法だけど
互換インクで純正を使う人が減ればさらに1g当たりの単価を上がるということにも繋がる
ため純正インクが売れなくなるとさらに純正インクの価格高騰が起きてしまうにょ。
したがって、各メーカーともにプリンタごとにインクを変えているというわけにょ。

それならば、プリンタ本体で十分に元が取れるくらいの価格にすれば良いのだけどそれを
行ってしまうとプリンタ本体の価格高騰に繋がるため各メーカーともになかなか踏み切れ
ないでいるにょ。
例えばエコタンクで低ランニングコストをアピールしているビジネス向けモデルは本体
そのものをスタンダード機種よりもかなり高めに設定しているにょ。
これはビジネス向けをアピールすることで本体が多少高くても売れるし長く安定した量を
使うためランニングコストを重要視しているためにょ。
これがスタンダードモデルだったら低ランニングコストでもプリンタ本体が高ければ
売れないにょ。
ケータイをただ同然で販売して月々の利用料金で元を取るケータイキャリアと似たような
考え方と思えば分かりやすいにょ。

というわけで、プリンタ(複合機)を買い換えたものの実際メインになるのは夏と冬の
同人誌制作だけでそれ以外はたまに稼働する程度なのでコストパフォーマンスが良いか
どうかは微妙な感じにょ。
PCを持っていてもプリンタを持ってないという人も少なくないけど年賀状プリントは
自宅でやらなくても問題ないのでプリンタは不要という人も多いのではないかと思うにょ。
しかし、プリンタは1台あると便利にょ。
エプソンに拘る必要はなくキヤノンのプリンタも良い物だし、インクジェットに拘る
必要はなく最近はカラーレーザーも数万円で買える時代なのでカラーレーザーを買う
というのも選択肢としてありだと思うにょ。(カラーレーザーは設置スペースがかなり
必要だけどランニングコストはスタンダードモデルのインクジェットプリンタと比べて
圧倒的に安くてトナー使用によって耐水性に優れてメンテナンス性にも優れる)
設置スペースとの兼ね合いや予算との兼ね合いで選択すれば良いのではないかと
思うにょ。
 

レスにょ

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2017年12月27日(水)13時22分25秒
編集済
  天郷思音さんへ

いつの間にか鍵垢になっていたのですっかりご無沙汰という感じにょ。

>結論を先に言うと「引っ越しは保留」という感じ

New 2DS LLは事実上(ノーマル)New 3DSの置き換え機種となっていますが、やはり3D立体視
機能が削られただけではなく変わっている部分も多いため良いか悪いかはかなり評価が
分かれると思うにょ。
スピーカーに関しては音が聞き取り辛く音質もNew 3DS LLと比べて劣るように聞こえるのは
スピーカーの位置にも問題があるためにょ。(すでに気づいているかもしれないけど)
従来は上画面側に付いていたスピーカーが下画面の前側に付いたためモニタの方向と
スピーカーの方向にずれが発生してあまり良く聞こえないにょ。(スピーカーの向きに
合わせて下画面が見えないような向きで持てば音自体は良く聞こえるようになる)
これは人によっては致命的に感じる部分なので購入時には十分な確認が必要だと思うにょ。

とはいえ、ノーマルNew 3DSと同じようなサイズ感や重量でLLの画面サイズという点は
すごく魅力的でそれだけのためにNew 2DS LLを買って今はメイン機種になっているにょ。
(立体視がない以外は)プチコン3号のために作られたハードといっても過言ではない
感じがするにょ。
価格の税別15000円はNew 3DS LLより断然安く、ノーマルNew 3DSよりも安いため新規に
購入の人ならばぜひオススメしたいにょ。
とはいえ、買い換えであれば手持ちの機種と比べてマイナスになる部分もあるためそれを
十分に理解した上で買う必要がありそうにょ。




みんとガムさんへ

超お久しぶりにょ。

90年代末から2000年代初頭にかけて個人サイト設立ブームがあり非常に多くの個人サイトが
誕生したけど今となってはほとんどのサイトが閉鎖や更新が途絶えた状態になっているにょ。
そういう面では90年代に設立されて今も更新を続けている「おちゃめくらぶ」はかなり貴重な
存在といえるかもしれないにょ。(個人サイト設立ブームの後はブログやSNSのブームが
始まり現在に至る)
サイト構成も当初とあまり変えてないため「生きた化石」状態になっているにょ。

プチコンは現在はニンテンドー3DS用のプチコン3号(500円)とWiiU用のプチコンBIG
(1000円)がダウンロード販売されているにょ。
プチコンは「かつてポケコンを使っていた人」「かつて8bitパソコンを使っていた人」
「コンシューマゲーム機で何か作ってみたい人」「プログラミングに興味があるけど
パソコンは持ってない人」にはぜひオススメしたいにょ。
プチコン3号の性能は非常に高くBASICでありながらスーファミやGBAクラスのゲームを
自作することが可能にょ。(New 3DSならば旧3DSと比べて3~4倍高速で動きBIGならば
さらに3倍くらい速く動くためさらにすごいものを作ることが可能)
とはいえ、個人で作るのは結構大変なので私は専らQSPのように文字数に制限のある
プログラムばかりを作っているにょ。
 

New2DSLLの浅い感想(入手後2日目)

 投稿者:天郷思音  投稿日:2017年11月18日(土)18時57分7秒
  結論を先に言うと「引っ越しは保留」という感じ。
・ただの3DS(以下、無印)比で上画面がかなり奥にあります。下画面から上画面に目を移す時にかなり疲れます。(無印から移行する人は注意)
・110度くらいで固定できる位置があるのが無印よりいい点。
・画面の色合いの違いは感じるけど「悪い」とは思わない程度。
・スピーカーはただの2DSのモノラルからステレオに進化したが、そもそも聞こえにくくて進化した意義が薄い。

といった感じですね。

ちなみに110度固定と画面の大きさから、プチコンを入れれば小さなノートパソコンもどきになるかもしれない。(でも別に買うお金がorz)

余談:鍵アカウントで言うにはもったいないがHPに書くのも違う気がしてここに投稿する。後でブログでも建てたい。
 

まだあったー

 投稿者:みんとガム  投稿日:2017年11月10日(金)11時33分59秒
  お久しぶりにのぞいてみたら、まだまだ現役で運営されていたのですね
死んでいるサイトなのに、いまだにリンク切らずにありがとうございます。

ふとしたきっかけで、たどり着いたら

あまりにもお久しぶりで
とっても嬉しくて書き込んじゃいました(´▽`)
プチコンなるものが出ていたとは知りませんでした・・・

これは今からでも試してみねば!ですね
 

Miiverse無き後、プチコン3号はどうなるのか!?

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2017年 9月17日(日)14時06分2秒
編集済
  先日プチコン3号とプチコンBIGの価格が大幅に値下げされたにょ。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1079800.html

プチコン3号が従来の1000円から500円へプチコンBIGが3000円から1000円へと値下げに
なったにょ。
事前発表のない急な値下げのため値下げ直前に購入した人からは一部不満の声が上がって
いるもののそれ以外の人は値下げによる恩恵は大きいにょ。(買ってからたくさん楽しんで
いる人であれば十分元は取れているので値下げは気にならないと思う)
今までは価格面で購入を躊躇していた人も買いやすくなったし、すでに持っている人でも
2台目、3台目に導入しやすくなったにょ。
ファミ通のニュースでも採り上げられて値下げされてから購入した人もよく見かけるにょ。

さて、この値下げの背景にあるのは11月8日にMiiverseが終了するためにょ。
「Miiverse終了までにできること」ということで小林社長はすぐに実現可能な値下げという
選択肢を採ったにょ。(個人的には幅広い層に受け入れられるためには無料版のプチコン
3号が必要だと思うけど無料版を作るためにはコストも人材も必要であるためそれだけの
リソースがあれば他のことに使いたいとのこと)
プチコン3号は直接はMiiverseは関係ないもののそのソフトの性質上専用のコミュニティの
存在は極めて大きいからね。
3DS単体でアクセス可能で初心者が気軽に質問したり作品公開をしたりできるため利用者は
かなり多いのではないかと思われるにょ。

それに現状のプチコン3号ではスクリーンショットは基本的にMiiverse経由でないとでき
ないにょ。
そのため仮に他のSNS(twitter等も含む)やネットサービスを利用する場合でも気軽に
スクリーンショットを取れないため初心者が気軽に質問をしたり、自分の作品の紹介を
したりができにくくなるにょ。
もちろん、画面写真を撮影するとかWiiUのプチコンBIGを使うという方法を使えば可能
とはいえ現状と比べるとかなり厳しくなるにょ。
今後のバージョンアップでプチコン3号単体でのスクリーンショット機能搭載の実現の
可能性だけどNew 3DS専用にするならば問題ないけど旧3DSだとメモリが足らないため厳しい
という感じにょ。

さて、Miiverseのサービスが終了後にどこに行くかだけどこれは個人によって意見は
様々になっているにょ。
多くの人が行く先としてはtwitter、プチコンまとめwikiがあるにょ。
twitterは一度に140文字までしか投稿できないため作品置き場としての活用は難しく
自サイトをすでに持っている人(もしくは今後作る予定の人)を除けばプチコンまとめ
wikiなどとの併用がベターかもしれないにょ。
プチコンまとめwikiの管理人であるほしけん氏はMiiverse風の掲示板を現在制作中との
ことだけど3DS単体でのアクセスやスクリーンショットの問題を考えると見た目をいくら
Miiverseに近づけても利用しやすさという面では厳しいかもしれないにょ。
作品公開のしやすさという面ではプチコンまとめwikiは(投稿の方法さえ覚えれば)
易しいものの)wikiの特性上の第三者に手によって自由に編集が可能であるため投稿
したコンテンツを勝手に書き換えるいわゆる「荒らし」が過去に何度も出ているという
問題を抱えているためそういう面では基本的に本人しか書き換えられない自サイトの
方が有利になると思われるにょ。
ただし、自サイトを作るのは自分のPCを持ってない小中学生にとってはハードルが
高いにょ。


私は現在Miiverseとtwitterをメインに活動していて作品の公開という面においては
自サイト(おちゃめくらぶ)の方はそのまとめを記載しているに止まっているにょ。
プチコン3号入門講座に関しては自サイトであるというのを活かして非常に濃い内容に
しているけどMiiverseが無くなったら利用者も増えることを想定して早期完成させたい
ところにょ。
とはいえ、プチコン3号入門講座を始めとする自サイトのコンテンツはMiiverseへの
リンクを貼っているものも多くMiiverseは11月8日に終了したらリンク切れとなって
しまうためその対策も行う必要があるにょ。(11月8日にサービスが終了してもまず
最初に書き込みが終了してその後で数ヶ月後に閲覧もできなくなるという段階を踏んで
サービスを終了してくれれば楽だったのだけどサービスを終了と同時に閲覧もできなく
なるというのはかなり厳しい)
とりあえず、Miiverseでしか公開していないプログラムも多数あるのでそれを早急に
何とかしたいところにょ。

11月8日というタイムリミットがあるためできる限りのことはやっておきたいにょ。
ということでメイン開発機でありながら最近調子が悪いNew 3DS LLからNew 2DS LLに
買い換えたにょ。
https://twitter.com/ochame_nako/status/908708990552387584
これでトータル5台目のプチコン3号専用機にょ。
開発もこれで捗りそうにょ。

New 2DS LLのスペックは下記のような感じにょ。

       New 2DS LL     New 3DS LL     New 3DS
本体サイズ 159.36x86.36x20.8  160x93.5x21.5   142x80.6x21.6
重量      260g        329g        253g
画面サイズ 4.88inch+4.18inch  4.88inch+4.18inch 3.88inch+3.33inch
税別定価    14980円      18800円       16000円

基本性能は裸眼立体視による3D機能が無い以外はNew 3DS LLと同じとなっているにょ。
(LLなので画面サイズも同じ大きさ)
大きな違いといえばサイズや重量にょ。
https://twitter.com/ochame_nako/status/908709506967773185

New 2DS LLの奥行きのサイズは数値以上に小さく感じるにょ。
何せ突起部分を除けばLLではないノーマルのNew 3DSとほぼ同じ大きさだからね。
New 3DS LLと比べると格段にスリムとなっているにょ。
それでいて重さもNew 3DS LLよりも大幅に軽量化されていてノーマルのNew 3DSより
少し重い程度となっているにょ。(体感的にはほぼ同じ重さに感じるしNew 2DS LLは横幅が
大きい分だけ見た目よりも軽く感じてしまう))
さらに価格もLLなのにノーマルのNew 3DSよりも安価にょ。
というわけで、New 2DS LLの発売前にノーマルのNew 3DSは生産が終了したにょ。
どうしても「3D」は必要でコンパクトサイズを望んでいるならば店頭在庫があるうちに
買っておいた方が良いかもしれないにょ。

私はスリム&軽量のNew 2DS LLは発表された時点で興味はあったもののこんなにすぐに
買うつもりはなく「ピンクが発売されたら買おう」という程度に思っていたにょ。
しかし、Miiverseのサービス終了が発表されてそれまでのタイムリミットも短く、さらに
メイン開発機であるNew 3DS LLの調子が悪い(液晶が割れている、マイクが正常に反応
しない)という問題を抱えていて開発効率が下がっているため今回は色は妥協して
買ったにょ。
New 2DS LLはデザイン面など気に入らない部分も多いけど今まで調子が悪い本体がメイン
開発機だったのに加えてスリム&軽量というすごく大きなアドバンテージまであるので
すごく快適になりそれなりには満足できているにょ。
 

レスにょ

 投稿者:御茶目菜子  投稿日:2017年 9月17日(日)14時05分10秒
  Syamu_gameさんへ

報告どうもにょ。あとでプチコン3号のユーザー識別コードのページに追加しておくにょ。


天郷思音さんへ

プチコン3号の値下げはMiiverseの終了と密接な関係があるためそれについて書いてみたにょ。
天郷思音さんがtwitterで鍵垢になってからすっかり絡む機会が減ってしまったにょ。


みほさんへ

身バレしたらまずいようなことはすでに書いてないから大丈夫ではないかと思うにょ。(私の
場合は身バレしたら非常にヤバいことをたくさんやっているけど)
twitterだけの話ならばいざとなったら鍵垢にするという方法もあるけどね。
 

(無題)

 投稿者:みほ  投稿日:2017年 9月16日(土)15時40分34秒
  プチコンが値下げになったので弟のDSに勝手に入れようかと思ったけど、私がネットでやっていることがバレるのではないかと思い、こわくなった…  

(無題)

 投稿者:天郷思音  投稿日:2017年 9月 9日(土)19時10分1秒
  プチコン値下げの話題が出てない

というか人が来てないだけなんだけど
 

まだ登録されてない人の識別コード

 投稿者:Syamu_game  投稿日:2017年 8月18日(金)22時54分6秒
  CCP_ コーンクリームポテトさん
HI_ ひろさん
HSKN_ ほしけんさん
SPK_ スピーカーさん

人物では無いですが、TH_またはTOUHOU_は東方project関連の物によく付けられています。
 

レンタル掲示板
/256