teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


久しぶりに嘉二郎を見ました

 投稿者:tomoyuri  投稿日:2010年 7月15日(木)22時25分12秒
返信・引用
  みんな、久しぶりです。(久しぶりすぎて見てないかな?)

今日、思いがけない場所で、嘉二郎の名前と写真を見ました。
自分のブログに書きましたので、詳しくはブログを見てください。
http://tomoyuri.blog.so-net.ne.jp/2010-07-15

こちらも見てみてください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2009/09/28.html
なんと、社長をやっているらしい。。。

http://tomoyuri.blog.so-net.ne.jp/2010-07-15

 
 

桑田真澄と対面

 投稿者:たの  投稿日:2009年 8月 1日(土)22時08分6秒
返信・引用
  みんな、久しぶりです。
先日、桑田がシンガポールに講演に来ました。
講演内容は、とってもすばらしいもので、とても感動しました。
同い年として翻って自分を省みるに、とても恥ずかしくなったよ。
あれほどの輝かしい成績を残しながら、挫折の連続と努力の積み重ねで
ここまで来たそうです。
講演のテーマは、「試練が人を磨く」だったんだけど、主に「努力」
「試練」「本物を知る」という3つのキーワードで楽しい&考えさせられる
話をしてくれました。
添付した写真が、その本物の桑田のユニホーム。そして、講演後の
懇親会で撮影した写真です。
とにかく、ここは国が小さいので、こういう機会が持てるのがうれしい
ことだね。

さて、今年は上の娘が高校受験なので、夏休みも塾で忙しいです。
ということで、日本への一時帰国はおあずけ。
シンガポール近くの島(マレーシア)へ、旅行に行ってきます。
みんなも、楽しい夏休みを過ごしてね。
 

どうもありがとう。

 投稿者:くど  投稿日:2009年 3月27日(金)16時37分34秒
返信・引用
  そうなんだよね。子供には罪のないことなので、申し訳ないと思うよ。
でも多くの子供が大人になってから、親に感謝するって話をよく聞くんだ。
そうなることを祈って、できる限りのことをするしかないね。
たのぐちのところもそんな年になったんだね。
姉妹(兄弟)がいると誰に合わせるかという問題もあり大変だよね。
たぶん、うちは俺の延長にかかわらず来年の3月には最低家族は帰国します。
 

康平君、合格おめでとう

 投稿者:たの  投稿日:2009年 3月15日(日)22時16分48秒
返信・引用
  高校合格おめでとう。
海外に居ながら日本の高校に合格するのは大変だよね。
よく頑張りましたね。(^_^)
それに、一人で日本に帰って高校に通うとは、頼もしい限りです。
頑張ってください、と伝えてね。
うちの娘も今年は3年生なんだけど、どうなることかと思ってます。
いつ日本に帰ることになるかわからない部分もあるから、日本の高校
も受験して、かつシンガポールにある早稲田の付属高校も受験する
予定にしてます。
親の仕事に振られる子供も大変だよなぁ、と思います。
このご時勢なので、シンガポールから赴任者を日本に戻す企業がとても
多くて、娘達の友達もこの3月で帰国する人が多いようです。
俺は、今のところまだこっちに居なくてはならない状況なんだけど、
会社が背に腹は変えられないような状況になれば、わからないからねぇ。
とにかく、早く景気が戻って欲しいね。
 

長男が帰国

 投稿者:くどう  投稿日:2009年 3月15日(日)04時45分36秒
返信・引用
  みんな元気ですか。
すごく久しぶりにオレンジページをのぞいてみました。久しぶりの投稿です。
長男の康平が先日、日本の高校を受験、合格し、今春から地元の高校に通うことになり、
一足先に帰国することになりました。どうしても日本の高校に通いたかったようで。
俺たちはまだ、しばらくカナダにいます。

不景気でカナダドルが75円ぐらいになっちゃって、今になって、100円越えのころ
日本に送金するんだったと後悔しています。
 

久しぶりに覗いてみたら

 投稿者:やの  投稿日:2008年 8月14日(木)23時13分6秒
返信・引用
  たのぐちが書き込んでいるじゃあないですか。
いつブログ開設の連絡が来るかと待っていたけど、かなり忙しいようだね。
昨日から日本に帰ってきているようだけど、楽しい夏休みになると良いね。

ブログを見てくれているようなので、近況は大体伝わっていると思うけど、
最近は球場での野球観戦にはまってます。
あとストレスと運動不足解消のためにバッティングセンターにも通ってます。
明日も東京ドームに行ってきます。
ブログにも書くのでまた見てね。

それじゃあまた。
 

久々

 投稿者:たの  投稿日:2008年 8月 5日(火)00時17分49秒
返信・引用
  久し振りに投稿します。
結局、こっちに来てからも日本と変わらずに忙しく、ブログを開設する暇すらない状況です。(^^;
(矢野ちゃんのブログは、相変わらず見てるよ。)
なので、とりあえずこの場を借りてみんなに近況報告をしたいと思います。

家族はみんななんとかこっちで頑張ってます。
特に子供達は、頑張ってもいるけど、かなり楽しんでます。
まあわかってはいたけど、赴任前にみなにメールした通り、大泣きしたくせに、来てみたら
こっちの生活を思いっきりエンジョイしてるよ。
学校にもすんなり入っていけて、友達もたくさんできてます。

俺は、相変わらずストレスの塊です。
まだ今年に入ってからは日本に帰ってないんだよね。
3月に中国に出張があって、少し日本に近づけた。
6月に韓国に出張があって、さらに日本に近づけた。でも日本には行くことはできず、
シンガポールへ戻ってきました。
で、今度は7月にヒューストンへ出張に行ったんだけど、航路は、シンガポール->成田->
ロス->ヒューストン。やっと日本に足を踏み入れたものの、単にトランジット。
それも成田着からロスへ向けて飛び立つのに1時間もなくて、ゲートからゲートへの移動のみ。
入国すらかなわなかったんだよね。帰路も当然同じなので、悔しいから成田のラウンジだけは
寄っておいたよ。
で、ついに来週13日に日本へ入国します。しかし、これは自腹で夏休みによる帰国。
うちの会社はケチだから、2年に1回家族の帰国に対して8割の補助をしてくれるんだけど、
俺には何もなし。日本に帰りたきゃ、仕事を作るか自腹かということになるんだ。
あいにく、ここのところ日本に帰る仕事はなかったので、仕方なく自腹で帰ることにしました。
家族はもう3日に帰国していて、俺と一緒に23日にシンガポールへ戻ってきます。

みんな夏休みはどう過ごすのかな?
俺は日本に行って、人間ドックを受けるのと、あとは思いっきり買出し。
こっちって1年中夏でしょ。だから夏物ばかり着ることになるんだよね。日本だと季節に
よって着るものが違うから、一度買えば何シーズンかは着れるでしょ。
でもこっちだと、ずっと同じものを着まわしているから痛みも早いんだよね。
で、こっちにはいいものがない、もしくはあっても高いので、日本に帰ったら買い物
めぐりして持って帰ってきます。
最近シンガポールの物価は高いのです。アメリカに行って思ったけど、アメリカは日本より
安いね。シンガポールは日本より高いので最悪。日本で買出し頑張ってきま~す。
それじゃ、またねぇ~。(^_^)/~~~
 

(無題)

 投稿者:たけだ  投稿日:2008年 1月18日(金)13時01分1秒
返信・引用
  お父さんのご冥福をお祈りいたします。
大変だったようだけどいつものガッツで頑張っている
田野口とご家族を応援してるよ。
 

激動の中のスタート

 投稿者:たの  投稿日:2008年 1月 9日(水)12時11分30秒
返信・引用
  1/3に、無事家族でのシンガポール生活をスタートさせました。
が、てんやわんやの渡航となってしまいました。
実は、12/26に、義父が突然他界してしまったのです。
義父は、病により下半身が不随となり、10年以上の間寝たきりの生活を余儀なくさせられていたんだ。
それでも、家族の介護により、これまで生死に関わるような状況とは全く無縁に過ごしてきました。
ところが、10月くらいから体のむくみが目立ち始め、かかりつけの病院に相談していたんだけど、
様子を見ようという感じでろくな検査もせずに放置されてたんだ。
で、いよいよおかしいので12月、やっとまともな検査をしたら腎炎の診断が下ったのです。
ところが、そこでは腎臓の専門的な治療ができないとのことで、専門医のいる病院のベッドがあくのを、
そのかかりつけの病院に入院して待っている状態でした。
やっと八王子の東海大学病院に空きができ、12/26 9:00に転院のための搬送をする手はずとなったのですが、
その12/26の3:18に、突然帰らぬ身となってしまいました。
午前1:00頃に看護士が見回りに行った時には特に変わった様子は無かったようなのですが、
3:00の見回り時には、義父の呼吸が止まっていたそうです。
痰がのどにつまって呼吸困難となってしまったようです。
俺も数日前に見舞いに行ったし、前日にも家族が顔を見に行っているんだけど、
誰もがまさか亡くなってしまうような状況にあるとは思いもしていなかったんだ。
結局は、腎炎に対するまともな治療をする前に、体力が急激に弱ってしまったようです。
そのかかりつけの病院の処置には、疑問に思われる点が多々あり、あまりに突然の死に対して
納得がいかないと説明を求めたりしたんだけど、当然納得のいく説明があるわけもなく、
逃げの言い訳をするだけだったんだよね。
遺族としては悔しい限りだけど、もう義父が帰ってくるわけではないので、
必要以上に病院側と争うことは止めようと判断いたしました。
(病院側も、まさか亡くなってしまうような状況にあるとは判断していなかったと言っていました。)

繰上げ初七日の法要も12/30に終え、なんとか年内に一通りの供養をすることができました。
それで、1/3に、予定通り家族で赴任してきたんだ。

もちろん義父にはもっともっと長生きして欲しかったけれども、こうなってしまうのならば、
入院した義父を置いてシンガポールへ来た後に亡くなってしまうよりはまだ...、
という思いがすると妻とは話しています。
12/25は、子供達の最後の登校日であり、友達や先生にもきちんとお別れをすることができたんだよね。
それを待ち、かつ我々のシンガポール行きに支障を来たさないようにとの12/26なのか?と、
義父の娘(俺の妻)や孫達への深い愛情を感じざるにはいられないよね。
今でも、これを考えただけで涙が出てくるよ。

こんな感じで、俺達の赴任生活は激動の中で始まりました。
今回のことで、「来て良かった」と、みなが笑って帰れるようにしようという思いを、
またより一層強くしたよ。
頑張ります!
 

レスありがとう

 投稿者:やの  投稿日:2007年 8月29日(水)23時20分50秒
返信・引用
  「アバンギャル度UP」が気に入ってもらえて良かったよ。

http://response.jp/feature/response/navi_2007guidess/pioneer/index.html
ここにも載りましたので、よかったら読んでください。
こっちはやらせなしです。(笑)
 

レンタル掲示板
/10