teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ALWAYS 続・三丁目の夕日

 投稿者:  投稿日:2007年11月18日(日)23時50分48秒
  ★★★
続編なのだが、映画そのものとしてなかなかよかったのでは。
登場人物が前作を観ているか、現さくをよんでいなければ少しわかりづらいかもしれにないが、
そこは仕方ない。

冒頭の「ゴジラ」は東宝の心意気かな。ゴジラをいつか復活させたいのだろうね。
前半はコミカルな要素を前作よりも強調しているのが、リズムとなっている。
中盤からは茶川さんの芥川賞への挑戦が柱となるのだが、そのあたりは良かったのだろうか。
当然、落選するわけで、それがはじめからわかっているのがクライマックスの盛り上がりとのかねあいとして、考えどころ。
予定調和が悪いとは限らないし、観客が「こうなって欲しい」というラストが観られれば、それも満足ということなのかな。このあたりは作品によっては危ういかもしれない。
この作品では、そこはまあいいのではないか。
 
 

Back to the future partⅠ・Ⅱ・Ⅲ

 投稿者:時麿  投稿日:2007年 9月17日(月)17時19分54秒
  ★★★1/2
BS衛星映画劇場で3夜連続で久々に再見。
本当に面白かった!!

中学2年の夏休みにパートⅡを観に行った。
映画好きな子が映画館に行き始める年頃だったので、
夏休み明けに何の映画を観た、とかクラスで話題になったなあ。
(そういや、その時「レッドオクトーバーを追え!」を観に行った
 渋い男の子が1人いたなあ。)
パートⅡを観た当時は過去・変えられた現在・未来が分かりにくく、
それほど面白いと思わなかったのだけど、
今見るとよく理解でき、非常に面白かった。

パートⅠで、デロリアンが過去の世界から去った後に
残された火の道の中を、ドクが片手を挙げて喜びながら
走るシーンが一番好き。

スピルバーグが製作総指揮だからなのか、
時代の雰囲気なのかわからないけど、とても楽しい映画。
今見ると合成が粗いが、それでも面白さが勝る。
パートⅢはストーリー的に無くても良いのでは、と思うけど
再びマーティやドクに会えたのが嬉しかったからいいや。

ロード・オブ・ザ・リングやパイレーツ・オブ・カリビアン、
三部作じゃないけどハリー・ポッターより見ていて楽しい。

テーマは何であれ、見ていて楽しくなる映画が
今後も作られる事を期待するや切である。
 

ヱヴァンゲリオン 新劇場版:序

 投稿者:Hotta  投稿日:2007年 9月 2日(日)20時17分51秒
  ★★★

アクションエンターテインメントとしてなかなかよいのではないだろうか。
3体の使徒との決戦が描かれるが、いずれも手に汗を握った。
シンジの心理も丁寧に描かれており、TV版よりも感情移入しやすくなっている。
ただ、TV版は、各話のタイトルがある意味味を出していたし、ケレン味も出していた。
全体的に丁寧という印象。
 

オーシャンズ13

 投稿者:Hotta  投稿日:2007年 9月 2日(日)20時12分46秒
  ★★1/2

下記、コメントに相違ないかな。
カジノゲームでアル・パチーノをはめるために、ゲームを買うと名乗るときのアンディ・ガルシアの存在感がよいねえ。全体的にのりのりな感じが良く出ている。
 

オーシャンズ13

 投稿者:  投稿日:2007年 8月19日(日)11時04分27秒
  ★★2/3
なかなか楽しめた。
ほとんどルパン3世か集団007。本家「ガシノロワイヤル」よりガシノロワイヤルな感じでした。
前作までを観ていないと楽しめないところが多いかも。
アンディ・ガルシアはすごく楽しそうに演じていたね。
 

ラッキーナンバー7

 投稿者:Hotta  投稿日:2007年 8月14日(火)07時26分56秒
  ★★
ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ベン・キングスレー、ルーシー・リューが出ているクライムサスペンス。というと、なんで知らないのだろう?ってところで、確かに知らないのも訳なしではない。話は、用心棒の変種+マカロニ・ウェスタンに、多少スタイリッシュ大都市の香りって感じかな。

脚本がつまらないわけではないのだが、これほどの豪華出演者である必要があっただろうかというのが素朴な疑問。もっと、中堅の人々でもよいだろ。これなら。時間の損にはならないが、疑問符つき。

ま、ジョシュ・ハートネットがよかったかな。珍しく可愛い役のルーシー・リューとか。
 

トランスフォーマー

 投稿者:  投稿日:2007年 8月13日(月)11時28分57秒
  ★★1/2
コンボイ指令(という名前ではないんでよね。たしかオプティマスなんとか)
は出てきます。
CGでつくったメカたちが複雑すぎるうえにアクションが早いので、なにがなんだかよくわからない感じ。複雑なメカ同士が戦うので、どこからどこまでが味方か敵か、が判別しにくい絵。そこが難点。
ストーリーは、ふつう。ごくふつう。
楽しめる作りにはなっているが、いかんせん目が疲れる。
 

陽炎の辻~居眠り磐音江戸双紙

 投稿者:  投稿日:2007年 8月 7日(火)00時20分28秒
  ★★
NHK土曜時代劇。佐伯泰英のヒット小説が原作。
原作は人気があり、僕も読んでいる。池波正太郎のような江戸っ子らしい粋なものとはまた違って、現代人的感覚でつくられた時代小説のよう。「粋」よりは「クール」でときに「ぬるい」感じもある。池波とは湿度が違う気がする。

その小説のかなり忠実な映像化といえる。その意味では良く出来ている気がするが、どうも本で読むのがいい気がする。
本では次々と登場する人物が世界観の広がりや、物語の膨らみとなっているが、映像となると、
それが少し煩雑に思え、しかも本筋が観づらくなったり、どれがストーリーの中心人物なのか、
わかりにくさとなっている。

小説では複雑に絡む人物たちの動きが魅力だが、映像はそれをシンプルにして主人公とその相手役を中心的に描かないと、魅力的にならない。
映像表現であるというだけで、情報が多くなり、観る人に集中してみてもらうための単純化というのが欠かせないということが改めてわかる。

この番組の場合で言うと、主人公である磐音を中心として、相手役のおこんだけをある程度パートナー役として置き、各話の中心的登場人物もしぼってストーリー構成していったほうが良かった。
 

河童のクゥと夏休み

 投稿者:  投稿日:2007年 8月 7日(火)00時04分44秒
  ★★★
「クレヨンしんちゃん おとな帝国の逆襲」で有名な原恵一が脚本・監督した作品。
ストーリーは、ET。東京都下の東久留米市を舞台にしているので、そこが親近感のわくところだった。
全体としてよく出来ているし、遠野の川のシーンや、沖縄のシーンはとても美しい。
河童の存在は従来の概念ののまま。新たな魅力といったものがなかったのがくやまれる。

どうも最近気になるのだが、ストーリーにいろいろな要素が入り込みすぎている作品が多い気がする。この作品でいえば犬が死んでしまうくだり。クライマックスのようで、そうでもないシーンなのでなくてもよい要素では。
その分、女の子とのくだりや、クゥとの別れのくだりがもう少しねばって欲しい気がした。
 

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

 投稿者:Hotta  投稿日:2007年 7月23日(月)19時03分53秒
  ★★1/2

いつもよりも、見やすかったし、話も追いやすかった。
しかし、まあそんなもの。
 

レンタル掲示板
/10