teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:21/105 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

はじめまして。

 投稿者:にゃんこ  投稿日:2012年10月11日(木)00時32分47秒
  通報 返信・引用
  高校生の時から、30年超のハネケンファンのオバサンです。
偶然、このホームページにやっと辿り着き、厚かましくも書き込みさせて頂いております。

私とハネケンさんとの出会いは、「宇宙海賊キャプテンハーロック」のBGMでした。
横山青児さんが作曲を担当されていましたが、ピアノをハネケンさんが担当されておりました。その交響組曲形式のBGM第三章の「愛のテーマ」のソロを初めて聞いた時、そのあまりの優しい繊細な、それでいて丁寧な演奏に心奪われて30年余り。
ハネケンさんの演奏や曲は、すぐにピンとくるようになりました。
久保田早紀さん(今は久米小百合さんですが)のデビューアルバムのピアノソロも、すぐにハネケンさん?と聞きわけてしまったのも懐かしい思い出です。
「宝島」は、作品そのものが大好きなアニメーターさんの作品だったので、放映当初から観ておりましたが、タイトルクレジットに「音楽・羽田健太郎」の名前を見つけた時の喜びは今でも忘れません。
オーケストレーションの中でも、決して埋もれることなく、それでいてストリングスや管楽器を支えているようなハネケンさんの「音」は、ずっと私の支えでもありました。
子供の頃からピアノをたしなんでおりましたが、どんなピアニストの演奏よりも、私にはハネケンさんが一番でした。心が堪えきれない悲しみや疲労で一杯の時、一番慰められ歩き出せたのはハネケンさんのピアノでした。
なのに、ライブで聴くことが出来たのはたったの1回だけで、塩田美奈子さんとのジョイントコンサートでした。今までの人生で、それだけが心残りです。

毎年秋になると、どうしたものかハネケンさんが聴きたくなります。
もうCDでしか聴けないけれど、これからも聴き続けていこうと思っております。
 
 
》記事一覧表示

新着順:21/105 《前のページ | 次のページ》
/105